BI Daily Newsletter

まさに“落胆”。「楽天モバイル」の新料金プランが衝撃的な理由

Rakuten UN-LIMIT

楽天は新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を発表した。

出典:楽天

「こりゃ、落胆モバイルだな……」

誰が言ったか、落胆モバイル。

3月3日に開催された楽天モバイルの料金プラン発表会。私は、会見の中継動画を見ながら、YouTubeで副音声的に会見内容を解説する番組を配信していた。

三木谷浩史社長が「衝撃的な価格」と太鼓判を押した月額2980円の料金プランを発表。しかし、条件が明らかになると、YouTubeのチャットで誰かが「落胆モバイル」とつぶやいたのだ。

リーク報道の裏側から読み取れた、新料金プランへの期待

落胆。まさに、自分の気持ちを言い表しているかのようだった。

料金プラン発表会を見ながら、本当に自分は落ち込んでしまった。その原因が、3月2日に複数のメディアで報じられた「月額2980円で大容量プラン」というリーク情報だ。

この手のリークはメディアが勝手に推測して書くわけではない。関係者へ取材してスクープとして聞き出すこともあれば、企業側が世間から注目を浴びようと事前に記者に耳打ちすることもある。

今回、リーク報道が出るや否や、楽天モバイル広報が「うちが発表したものではない」と早朝からメディアに対してメールを送っていることから察するに、事前に「このタイミングで月額2980円を記事化しますよ」という確認があったに違いない。

楽天のリリース

発表会の前日に公表された楽天のリリース文。

出典:楽天

広報のコメントも月額2980円を否定するものではなく「うちが発表したものではない」という言及にとどまっていた。内容を否定するのではなく、「うちは言っていない」というコメントに終止する理由は、「中身は正しいが、いまは言えるタイミングではない。ごめん、これ以上は勘弁して」という企業広報の常套句なのだ。

なんとなく、リーク報道の裏側が類推できるだけに、「これは飛ばし記事(憶測によって書かれた記事)ではなく、事実なんだ」と思っていた。

最高の無料サポータープログラムで、期待値は最高潮に

楽天のロードマップ

楽天が示している携帯電話事業のロードマップ(2020年2月時点)。

撮影:小林優多郎

筆者は楽天モバイルの「無料サポータープログラム」で、楽天回線を利用している。データ利用は無制限。国際ローミングも無料だ。

2月には、9日からサムスン・Galaxy S20の発表会を取材しにアメリカ・サンフランシスコへ。21日からは、幻となってしまった世界最大級の通信関連イベント「MWC」が本当に中止になったのかを確認しに、スペイン・バルセロナへ飛んだ。

現地ではホテルなどのWi-Fiには一切つながず、楽天モバイルの国際ローミングに頼りきりだった。楽天は国際ローミングに関しては、海外の事業者であるOrangeと提携。どこでも使い放題で接続でき、実に快適だった。2月はほぼ国際ローミングでの接続をして、合計92.8GBも使ってしまった。

無料サポータープログラムで使い放題を体験した上で、「月額2980円」というリーク報道を見て、

「月額2980円で使い放題。海外ローミングも対応とは、なんて衝撃的なんだ。三木谷社長も思い切ったな」

と小躍りしたのだった。この時、楽天モバイルの料金プランに対する期待値は最高潮となった。

一抹の不安。そして、2GBの「枷」がはめられた

楽天エリア

楽天回線エリアとKDDI回線エリアの違いは大きい。

出典:楽天

ただ、一方で、不安も頭をよぎった。

業界内ではよく知られた話だが、楽天モバイルは自前で通信環境の整備ができていない場所では、KDDIのネットワークに接続することになっている。

地方はもちろんのこと、都内においても、地下鉄や地下街、商業施設の中などでは、KDDIのネットワークにつながってしまう。この際、楽天はKDDIに対して、1GBあたり500円程度の使用料を支払う契約となっている。つまり、ユーザーがKDDIエリアでネットワークに接続すればするほど、楽天がKDDIにローミング料金を支払わなければならない。

無料サポータープログラムでは、使用可能なデータ容量が無制限という触れ込みだったが、実はシステム上では100GBまでという制限があった。仮にユーザーが100GBすべてをKDDIのネットワークで使った場合、楽天はKDDIに対して、1ユーザーあたり5万円も支払うことになる。

「そんな赤字があり得るのか。そもそも、5万円の価値を2980円で売るなんて……」と心配してしまった。

リーク報道では「楽天は赤字覚悟で月額2980円を提供する」と言い切っていたので「青天井になるKDDIのローミング料は、楽天がかぶる気なのだろう」と納得したのだ。

Rakuten UN-LIMIT

Rakuten UN-LIMITのプラン概要。

出典:楽天

しかし、実際に蓋を開けてみれば、月額2980円は正しかったものの、使い放題は楽天自前エリアのみ。KDDIネットワークも海外ローミングも「月額2980円の範囲で使えるのは、それぞれ2GBまで」という制限がついていた。

無料サポータープログラムで、あれほど「使い放題」のストレスフリーな環境から、KDDIネットワークの環境では「2GBまで」という仕打ち。楽天に期待して加入した無料サポーターには、あまりに酷ではないだろうか。

「衝撃的な価格」も、当初の期待からは逆の意味に

楽天 三木谷社長

楽天の三木谷社長(2020年2月撮影)。

撮影:小林優多郎

3月2日のリーク報道は、肝心なところが抜けていた。「どこでも使い放題」と「楽天エリアのみ使い放題」では、あまりに利便性が違いすぎる。

まさに「落胆モバイル」という言葉がぴったりであった。三木谷社長のいう「衝撃的な価格」は、全く逆の意味にしか聞こえない。

楽天モバイル サーバーダウン

新プランの事前受付開始直後、楽天モバイルのページはつながりにくい状態が続いた。

撮影:小林優多郎

それでも、月額2980円が1年間無料になるということであれば、ユーザーは殺到するだろう。ただ実際に使ってみて、「使い放題で使える場所が狭い」となれば、一気に反感を買う恐れがある。

過去、日本にはいくつかの通信事業者が誕生したが「使用エリアが限られている」という烙印を押されたとたん、苦境に立った。使用エリアに不満を持つユーザーはすぐに解約し、二度と戻ってこない。

楽天モバイルは、「1年間無料」に殺到するユーザーを「落胆」させないよう、一刻も早く、全国どこでも使い放題で使えるエリアを整備していく必要があるだろう。

(文・石川 温)


石川温:スマホジャーナリスト。携帯電話を中心に国内外のモバイル業界を取材し、一般誌や専門誌、女性誌などで幅広く執筆。ラジオNIKKEIで毎週木曜22時からの番組「スマホNo.1メディア」に出演。近著に「未来IT図解 これからの5Gビジネス」(MdN)がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み