「人間が書いたように」広告コピーを生み出す人工知能に大反響。ヒルトンホテル、イーベイ、ドミノピザが導入

eBay

広告コピー自動生成ソフトウエア「フレイジー(phrasee)」を導入している大手企業のひとつ、イーベイ(eBay)。

Reuters

  • フレイジー(Phrasee)は人工知能(AI)を利用してイーベイ、ドミノ・ピザ、グルーポン、ヒルトンホテルなど、大企業のマーケティングにおけるコピーライティングを強化する企業だ。
  • このテクノロジーは、メールマーケティングやプッシュ通知、その他の広告に、あたかも人間が書いたように感じられるテキストを提供する。こうしたAI生成の広告コピーは人間が書くより効果的である場合が多いことが実証されている。

消費者にマーケティングメールを開かせるには高度なノウハウがある。そのテクニックをマスターするサポートを行っているのがフレイジーだ。ロンドンに拠点を置く同社では、マーケティング向けのソフトウエアを開発している。

具体的には、イーベイやドミノ・ピザのような企業に、人工知能を使って人間が書いたかのような広告コピーを提供している。

メールの件名やプッシュ通知、その他の広告に、 AIで最適化されたテキストを挿入することで、消費者にクリックさせたり、チャットに参加させたりするわけだ。しかもすべてはわずか数分で自動的に実行される。

フレイジーのパリー・マルム最高経営責任者(CEO)はBusiness Insiderの取材に対し、「企業はマーケティングの結果の数字だけに注意を向けがちだ。けれども、広告キャンペーンの核心は、そこで発信されるコピーなんだ」と語る。

「テキストこそ広告キャンペーンの成否を決める」というのが、フレイジーの根幹的な考え方。 2015年に設立された同社のサービスは、すでにイーベイ、ドミノ・ピザ、グルーポン、ヒルトンホテルなど多くの大企業に採用され、クリック数やチャット率を大幅に増やす実績をあげている。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_issue_.002

日本企業でSDGsが進まない決定的な理由は、経営理論で読み解ける【入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • May. 13, 2021, 06:30 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み