BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

東日本大震災から9年。「災害ロボット」が日本を救う

| Tech Insider

Sponsored

田所諭

撮影:倉橋 正

地震や水害など自然災害が頻発する日本。大地震や土砂崩れなどの発生時には、一刻も早く人命を救助する必要がある。そのためには直ちに災害現場の状況を把握し、がれきの下など人が入って行けない悪条件の中でも、タフでへこたれずに働くロボットが必要だ。

東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センターの田所諭教授は、内閣府のImPACT革新的研究開発推進プログラム「タフ・ロボティクス・チャレンジ」(2014~18年度)のプログラム・マネージャーとして、「飛行ロボット」「建設ロボット」「サイバー救助犬」「索状(ヘビ型)ロボット」「脚ロボット」などの災害救助や消火用のロボット開発を主導した。

災害救助にかける同教授の情熱は、阪神淡路大震災(1995年)と東日本大震災を両方とも体験したことから生まれたという。東日本大震災の際は、災害用ロボットQuince(クインス)を福島第一原発の建屋内調査に投入して注目を集めた。

首都直下型地震や南海トラフ巨大地震が高い確率で起きると予想されている中、開発した多くのロボットの消防や警察への普及が待たれている。また企業がその要素技術を活用して産業競争力を高めることも期待される。この分野を主導する田所教授に、各ロボットの特徴や今後の開発の展望を聞いた。

田所諭(たどころ・さとし):東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センターセンター長。1984年東京大学工学系大学院修士課程修了。1993年 神戸大学助教授。2002年〜 国際レスキューシステム研究機構会長。2005年〜 東北大学教授。2014年 同副研究科長。2019年〜 同タフ・サイバーフィジカルAI研究センター長。2014〜18年 内閣府ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ プログラム・マネージャー。2016〜2017年 国際学会IEEE Robotics and Automation Society President.文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究分野)他受賞。レスキューロボットの研究に従事。博士(工学)。IEEE Fellow。

Related articles