BI Daily Newsletter

ハンドルの代わりにジョイスティック!…EVの未来を示すヒュンダイのコンセプトカーを見てみよう

ヒュンダイのコンセプトEV

Hyundai

  • ヒュンダイは 「Prophecy(プロフェシー:予言)」 と呼ばれるコンセプトモデルを発表した。
  • コンセプトカーは、そのメーカーの未来の理想を誇張して表現することが多い。
  • Prophecyのデサインは、テスラのModel3とポルシェ911のマッシュアップを思わせる。
  • 車内はリラックスできるように作られている。ドライバーはシートにもたれて、ジョイスティックで車をコントロールする。

ヒュンダイは電気自動車のコンセプトモデル「Prophecy(予言)」を発表した。その名前が示すように、このブランドの将来のEVがどのようなものになるかを垣間見ることができる。その車が確かなものであれば、未来はかなり明るいように見える。

ヒュンダイは3月3日、コロナウイルスの影響でジュネーブモーターショーが中止になった後、ビデオプレゼンテーションでこの車を披露した。このモデルは電気自動車かつ自動運転車だが、他の多くのコンセプトカーと同様、未来がどうなるかを誇張したもので、生産モデルではない。

Prophecyの外観はテスラModel3とポルシェ911を彷彿とさせるが、洗練されたファストバックスタイルで、ピクセルのヘッドライト、透明なアクリル製のリアスポイラーを持つ。ヒュンダイはプレスリリースの中で、このProphecyを「官能的」で、「人間と自動車の感情的なつながり」を助長すると表現しているが、確かにこの「予言」は驚くべきものだ。

ヒュンダイはハンドルを廃止してジョイスティックを採用しているため、外観よりも内装の方が問題が多いかもしれない。ヒュンダイによると、ジョイスティックによってドライバーは「快適なポジションで車両を制御する」ことができるという。

EVの未来を示すヒュンダイの美しいコンセプトカーを見てみよう。


ヒュンダイはProphecy(予言)と呼ぶ、電気自動車の美しいコンセプトモデルを発表した

ヒュンダイはProphecy(予言)と呼ぶ、電気自動車の美しいコンセプトモデルを発表した

Hyundai


その名前が示すように、未来のEVがどのようなものになるのかを垣間見ることができる

その名前が示すように、未来のEVがどのようなものになるのかを垣間見ることができる

Hyundai


前はテスラに似ていて、

前はテスラに似ていて、

Hyundai


後ろはポルシェ風

後ろはポルシェ

Hyundai


高速走行時に備えたリアウイングは、ポルシェ911のいくつかのモデルに見られるテールスポイラーによく似ている

高速走行時に備えたリアウイングは、ポルシェ911のいくつかのモデルに見られるテールスポイラーによく似ている

Hyundai


フロントはピクセル型ヘッドライトなどの未来的要素がテスラModel3の雰囲気を放つ

5e5fd2c0フロントはピクセル型ヘッドライトなどの未来的要素がテスラModel3の雰囲気を放つfee23d312a320ad4

Hyundai


ピクセル化したライトのデザインはリアライトにも採用され、ヒュンダイは「将来のヒュンダイの特徴的なデザイン要素」になると述べている

ピクセル化したライトのデザインはリアライトにも採用され、ヒュンダイは「将来のヒュンダイの特徴的なデザイン要素」になると述べている

Hyundai


ヒュンダイが単にライトだけでなく、この印象的なコンセプトの多くを保持することを期待しよう

ヒュンダイが単にライトだけでなく、この印象的なコンセプトの多くを保持することを期待しよう

Hyundai


まず、透明なアクリルのリアウイングはいい感じだ

まず、透明なアクリルのリアウイングはいい感じ

Hyundai


機能的なデザイン要素も数多くある。例えば、バンパーの下のエアインテークは、バッテリーを冷却する

機能的なデザイン要素も数多くある。例えば、バンパーの下のエアインテークは、バッテリーを冷却する

Hyundai


タービン型のホイールが空気を吸い込み、空力性能をアップする

タービン型のホイールが空気を吸い込み、空力性能をアップする

Hyundai


ヒュンダイは、このコンセプトカーに長いホイールベースと最小限のオーバーハングを与えて、その流線型でエレガントな外観を強調した

ヒュンダイは、このコンセプトカーに長いホイールベースと最小限のオーバーハングを与えて、その流線型でエレガントな外観を強調した

Hyundai


ホイールベースが長いので、車を運転するだけでなく、くつろぐための広い室内空間も確保できる

ホイールベースが長いので、車を運転するだけでなく、くつろぐための広い室内空間も確保できる

Hyundai


Prophecyのエクステリアの要素は近い将来、ヒュンダイの製品に採用される可能性があるが、インテリアは現実的ではない

Prophecyのエクステリアの要素は近い将来、ヒュンダイの製品に採用される可能性があるが、インテリアは現実的ではない

Hyundai


ハンドルの代わりに2つのジョイスティックが付いている

ハンドルの代わりに2つのジョイスティックが付いている

Hyundai


ヒュンダイは、ドライバーが「快適な姿勢で車両を制御できる」と言う

ヒュンダイは、ドライバーが「快適な姿勢で車両を制御できる」と言う

Hyundai


そのリクライニングした座席から、ドライバーはハンドルに邪魔されることなく、センターディスプレイをフル活用できるだろう

そのリクライニングした座席から、ドライバーはハンドルに邪魔されることなく、センターディスプレイをフル活用できるだろう

Hyundai


自動運転が実現するのはまだ遠い先だが、外見は別の話であり、ヒュンダイの将来のモデルにもこのようなスタイリングが採用されることを期待したい

自動運転が実現するのはまだ遠い先だが、外見は別の話であり、ヒュンダイの将来のモデルにもこのようなスタイリングが採用されることを期待したい

Hyundai


[原文:Hyundai put joysticks instead of a steering wheel in its new electric concept car, which looks like a mashup between a Porsche and a Tesla

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み