BI Daily Newsletter

「これから出費を減らすサービス」ワースト3にオラクル、IBM、VMware。社員2000人以上の企業対象調査

prime_cloudmarket_AWS

大企業のおよそ3分の2がアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)への投資増を計画している。

REUTERS/Ivan Alvarado

IT投資を検討する際、過半数はアマゾンとマイクロソフトのクラウドサービスやプロダクトを選ぶ。同時に、およそ3社に1社はオラクルやIBM、VMwareのサービス利用を減らすと回答している。

ソフトウエア会社フレクセラ(Flexera)のレポートによると、昨今、企業はより新しいクラウドサービスやソフトウエアを選ぶ傾向がある。

フレクセラは、従業員2000人以上の企業・組織に属する300人以上を対象に調査を行い、どんなITベンダーへの予算投下を計画しているかを聞いた(複数回答可)。

最も多かった回答は、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)で65%を占めた。マイクロソフト(56%)、サービスナウ(48%)、セールスフォース(48%)、グーグル(39%)が続いた。

企業が投資先として考えているのは、ほとんどがクラウド企業あるいはクラウドベースのサービスプロバイダだ。マイクロソフトは例外で、オンプレミス(=自社内でシステムを構築・運用すること)向けのプロダクトが多い。

prime_cloud_oracle

プライベートデータセンターをベースにしたIT投資は終えんを迎えている。

REUTERS/Tom Brenner

一方、回答者の30%はオラクルへの予算投下を減らすと答え、IBM(25%)、VMware(22%)もこれから出費を減らすほうのサービスに名を連ねた。いずれもこれまでオンプレミスのデータセンター向けのプロダクトやサービスを提供してきた企業だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み