医療スタッフを守る! シアトルに5分ごとに新型コロナウイルスの検査ができるドライブスルーの検査施設が誕生

運ばれる患者

ストレッチャーを使って、救急車に患者を運ぶ医療スタッフ(2020年2月29日、ワシントン州)。

Elaine Thompson/AP

  • アメリカのワシントン大学医学部の系列病院は、新型コロナウイルスと戦うスタッフ向けにドライブスルー方式のクリニックを設置した。スタッフは車から降りることなく、検査が受けられる。
  • このクリニックでは、新型コロナウイルスの症状が見られる医療関係者がインフルエンザ(A型またはB型)、RSウイルス、新型コロナウイルスに感染していないか、調べることができる。
  • 大学のあるワシントン州は、アメリカ国内で最も新型コロナウイルスの影響を受けている州で、現地時間(EST)3月9日午後9時の時点で、22人が死亡している。

新型コロナウイルスの影響を大きく受けているワシントン州シアトルにある病院は、スタッフのために、駐車場をドライブスルー方式の"新型コロナウイルスのクリニック"に変えた。5分ごとに検査が可能だという。NPRが最初に報じた。

ワシントン州は、アメリカ国内で最も新型コロナウイルスの影響を受けている州で、現地時間(EST)3月9日午後9時の時点で167人の感染、22人の死亡が確認されている

ワシントン州のジェイ・インスレー知事が2月末に緊急事態宣言を出して以来、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフトといったテック大手は従業員に対し、シアトルにある本社には近づかないよう求めている一方で、流行の中心にある公立学校は少なくとも2週間閉鎖している

こうした状況から、大学は地域の新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために欠かせない、シアトルの医療関係者に重点的に取り組んでいると、UW Medicineノースウェスト・ホスピタル & メディカル・センターでドライブスルー方式の検査クリニックを運営している医師のセス・コーエン(Seth Cohen)氏はNPRに語った。

「残念ながら、新型コロナウイルスの流行がいつまで続くか、まだ誰にも分りません。わたしたちはコミュニティーを最大限支援するために、長期戦に備えています」とコーエン氏はBusiness Insiderに話している。

「わたしたちが診ている従業員の圧倒的多数が新型コロナウイルスの検査で陰性であることも重要ですが、クリニックではインフルエンザの感染者がかなり出ています」とコーエン氏は言う。

発熱、乾いた咳、その他ウイルス感染の症状があるワシントン大学医学部の系列病院で働く医療関係者は、ウイルスに感染したかもしれないと思ったらオンライン検査を受けることができる。

これをチェックしたスクリーニング担当者が新型コロナウイルスに感染した可能性があると疑えば、その"患者"にクリニックの予約が入る。

予約が入ったら、"患者"は病院の駐車場の1階に設置された3つのテントのうちのいずれか1つに車で入り、インフルエンザ(A型またはB型)、RSウイルス、新型コロナウイルスに感染していないか、検査を受ける。

車から降りることなく、"患者"は開いた車の窓越しに防護服で身を固めた看護師に鼻の奥をぬぐってもらう。

集めたサンプルはプラスチック製の管に入れて、数マイル先にある研究所へ運ばれる。ドライブスルーで検査を受けた"患者"は、1日以内に結果を手にできる。

コーエン氏によると、ドライブスルー方式のクリニックは便利で効率的なだけでなく、より安全に検査を行うことができるという。

「このウイルスの感染経路を考えると、十分な換気を徹底したいのです」とコーエン氏はNPRに語っている。

ドライブスルーの検査クリニックの利用は現在、ワシントン大学医学部の系列病院のスタッフに限られているが、大学はこのサービスをワシントン州で新型コロナウイルスと戦う全ての救急初期対応者に開放したいと考えている。3月6日にクリニックがオープンしてから、94人が検査を受けたという。

これまでのところ、インフルエンザの感染は数多く見つかっているが、新型コロナウイルスの感染はゼロだ。

「新型コロナウイルスで『陽性』となった場合、クリニックのスタッフからすぐに通知され、今後の流れについて追加の指示を受けます」とコーエン氏はBusiness Insiderに説明した。「症状が悪化しない限り、自宅隔離となることなどがこれに含まれます」という。

ワシントン大学医学部は、ドライブスルー方式のクリニックの検査能力を上げるとともに、同様のクリニックを他の場所にも作りたいと考えていると、コーエン氏はBusiness Insiderに語った。ワシントン大学は新型コロナウイルスの治療法を探す研究施設として、ゲイツ財団と提携している。

ワシントン大学のドライブスルー方式の検査クリニックは、アメリカにおける新型コロナウイルスの大流行に備えて、各地の病院が取っているさまざまな措置の1つだ。アメリカでは3月10日現在、755人の感染と26人の死亡が確認されている

新型コロナウイルスとの戦いにおいて、医療関係者を感染から守ることは重要な意味を持つかもしれない。最前線でその治療にあたる医療関係者は感染する危険性が特に高い。中国では、医療関係者3300人以上がウイルスに感染し、少なくとも13人が死亡している。

アメリカでは一部の病院が、数週間以内に起こるであろう新型コロナウイルスの患者数の急増に備えた訓練を実施している —— アメリカ病院協会が主催したあるプレゼンテーションでは、新型コロナウイルスに関連した入院患者数を480万人と推定している。

しかし、政府はウイルス検査を十分に行っていないため、アメリカにおける感染の程度はいまだによく分からない —— 先週末の時点で、米疾病予防管理センター(CDC)の検査数は6000件を下回っている

専門家は公衆衛生当局に対し、アメリカにおける新型コロナウイルスへの対応を強化するよう要請している。

「現在の検査能力は十分でなく、もっと必要だ」とジョンズ・ホプキンス病院の感染症予防のシニア・ダイレクターで疫学者のリサ・マラガキス(Lisa Maragakis)博士は3月6日、連邦議会に述べている。

[原文:Seattle now has a drive-thru clinic to test health professionals for coronavirus every 5 minutes

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

miura_14_thum

BI PRIME

【GO三浦×郭晃彰】お金よりも大事な、若者だけが持てる「3つの武器」とは?

  • 三浦崇宏 [The Breakthrough Company GO 代表取締役] and 稲田豊史 [編集者・ライター]
  • Jul. 13, 2020, 11:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み