最新のウェアラブルはこれだ…中国の建築家がウイルスから身を守るシールドを考案

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China

  • 中国人建築家、孫大勇(Sun Dayong)氏は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)から身を守るウェアラブルシールドのデザインを発表した。
  • 「Be a Batman」と名付けられたウェアラブルシールドは、コウモリの羽からアイデアを得ている。
  • UV照射でウイルスを殺菌し、シールド全体が着用者を覆い、周囲から守る。
  • 最新の発表によると、中国で発生した新型コロナウイルスは世界で4000人以上の死者と、11万人以上の感染者を出している。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、3月11日、新型コロナウイルスはパンデミック(世界的な大流行)であると宣言した。新型コロナウイルスは、航空便のキャンセルや検疫その他の機能停止で世界中の旅行を混乱させている。

中国の建築家、孫大勇(Sun Dayong)氏には、ウイルス拡散を抑制可能な手段「Be a Batman(バットマンになれ)」がある。彼はコウモリの羽の構造からヒントを得て、ウェアラブル・シールドのアイデアをデザイン化した。新型コロナウイルスは、エボラウイルスやSARSなど過去に発生したコロナウイルスと同様に、人に感染する前はもともとコウモリが宿主であったと、専門家は考えている。

彼がデザインしたウェアラブル・シールドを見てみよう。

ウエアラブルシールドは、リュックサックのように、肩とウエストをストラップでとめる

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


「新型コロナウイルスの発生で、それまであった安全が失われ、周囲の環境から身を守るシールドが必要になった」と孫氏は言う

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスが濃厚接触や、咳・くしゃみなどの飛沫によって、人から人へ感染すると述べている。この構造では、人から人への飛沫感染が発生しにくい

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


COVID-19が緊急を要する脅威ではなくなったら、シールドはGoogle Glassの技術を利用してアップグレード可能であると、孫氏は考えている

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China

出典:Dezeen

デザインはまだコンセプトの段階だが、シールドに接触したウイルスを死滅させるUV照射機能を表面につけることを孫氏は考えている

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


コウモリ風のデザインがよくわかるのは、背中側から見た時だ

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


孫氏はBusiness Insiderに、デザインの一部はコウモリの羽をもとにしており、バットマンになるという子どものころの夢もプラスしたと語った。「シールドは折りたたみ可能で、コウモリの羽と同じように、必要なときは自動で開く」

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China


孫氏は、カーボンファイバーとポリ塩化ビニルでできた、このウェアラブル・デバイスの製造企業を探している

中国で開発されたウエアラブルシールド、新型コロナウィルス

Penda China

出典:Fast Company

[原文:An architect in China created a wearable shield worn like a backpack designed to protect from coronavirus

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み