BI Daily Newsletter

生産性に2倍の差。ハーバード大教授が注目する「パーパス」は企業戦略にどう組み入れるべきか

レベッカ・ヘンダーソン

ハーバード・ビジネススクールのレベッカ・ヘンダーソン教授。企業変革を主な研究領域としている。

写真提供:CECP

  • 生産性が最も高い上位10%の企業は「パーパス(Purpose:自社は何のために存在するのかという企業の社会的目的)を戦略の中心に位置付けている」とハーバード・ビジネススクールのレベッカ・ヘンダーソン教授は指摘する。
  • ヘンダーソン教授によると、パーパスには2種類あり、うち生産性を高めるのは、ミッションに向かって組織を1つにまとめるパーパスだ。

20年来の「難題」

レベッカ・ヘンダーソン教授は、MITスローンスクールとハーバード・ビジネススクールで計20年間教鞭をとってきたが、この間の研究で、常に行き着く同じ結果に頭を悩ませてきた。

その研究結果とは、「最も生産性の高い上位10%の企業(以下「高生産性企業」と呼ぶ)は、それ以下の企業と比べ著しいスピードで生産性を向上させている」というもの。しかもこのことは、OECD加盟国のあらゆる産業に当てはまるというのだ。

経済学で言うところの「生産性」とは、投入量(労働や原材料などのインプット)に対する産出量(製品やサービスなどのアウトプット)の比率、もしくは従業員1人あたりが上げる利益のことを指す。

高生産性企業とそれ以外の企業の生産性に開きが出始めたのは、2008年のリーマンショック頃のことだ。この出来事を境に、高生産性企業は飛躍的に生産性を高める一方、それ以外の企業の生産性は下降傾向をたどり始めた。いまやその差は、実に2倍近くにもなる

最終的にヘンダーソン教授がたどり着いた結論は、驚くほどシンプルだ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み