[更新]コロナワクチンの初期試験成功、米モデルナの株価急騰。世界の開発競争ロードマップ、2020年秋の完成に現実味

prime_vaccine_top

スイスのベルン大学付属病院で進められている新型コロナウイルスのワクチン研究。臨床試験にたどり着くまでも相当な労力と資金が必要になる。

REUTERS/Arnd Wiegmann

(本記事公開後の5月18日、アメリカでヒトを対象とする初期臨床試験を行っていたアマルナが成功を発表。7月にも本文にある600人規模の第Ⅱ相試験を開始するという)

  • 現在、100を超える組織・チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に取り組んでいる。
  • ジョンソン・エンド・ジョンソンやサノフィのような製薬大手からバイオテクノロジー分野のベンチャー、大学の研究室まで、多様な主体がワクチン開発を進めている。
  • 8つの候補ワクチンについてはすでに臨床試験が始まっていて、他の12以上の開発プログラムも年内に臨床試験にたどり着きそうだ。
  • ワクチンの開発は史上かつてないスピードで進められているが、人体に投与したときに安全性と効果を担保できるかが最大の課題となる。

世界保健機関(WHO)などによると、世界中で100以上のワクチン開発プロジェクトが進められている。

臨床試験にたどり着くまでのスピードは史上かつてないほどで、アメリカ、中国、イギリス、ドイツではすでにヒトへの投与試験が始まっている。

ワクチン開発は従来、市場投入までに長い年月を必要とするのが一般的だった。何百万人という健康な被験者に投与する前に、候補ワクチンの安全性と効果を確実にしなくてはならないからだ。

ここまで過去に例を見ない速さで進んできた新型コロナのワクチン開発だが、ここから先、ヒトに投与したときどんな作用を示すのか、データを集めるのが一番骨の折れる山場だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み