BI Daily Newsletter

オラクルが本日「リスクを感じる」決算発表、コロナショックの影響は。通期下方修正との予測も

prime_oracle_rally

オラクル創業者のラリー・エリソン。

Justin Sullivan/Getty Images

%!(EXTRA string=オラクルは3月12日(現地時間)に第3四半期決算(12〜2月)を発表する。流行中の新型コロナウイルスがIT業界の巨人にどんな影響を与えるか、ウォール街のアナリストたちの注目が集まる。)

%!(EXTRA string=オラクルの第4四半期(3〜5月)は通常通りなら収益が伸びるシーズン。しかし、UBSのアナリスト、ジェニファー・スワンソン・ロウは、コロナショックの影響が売上高に重くのしかかってくるとみている。)

%!(EXTRA string=「第4四半期の決算発表は、通常なら期待すべきところだが、今回はリスクを感じている。新型コロナウイルスの影響で、大型のライセンス契約を落としたりしないか、不確定な要素が出てきている」)

%!(EXTRA string=スワンソン・ロウは、12日の第3四半期決算発表で、オラクルの最高経営責任者(CEO)サフラ・カッツと、創業者のラリー・エリソンが何を語るのか注視している。)

%!(EXTRA string=「第3四半期はさほど大きな影響はあらわれないとみている。リスクがあるとしたら第4四半期。いつもなら業績が伸びるところだが、大型のライセンス契約を落とすとか、新型コロナウイルスが不確定要素をもたらす可能性がある。)

%!(EXTRA string=オラクルは2020会計年度、前年度の売上高を上回る目標を掲げているが、それも第4四半期の伸び次第であることを考えると、(第3四半期決算発表の段階で)下方修正する可能性もあるのではないか」)

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み