【WAmazing社長・加藤史子5】誰かの期待に応える人生から脱皮するのが28歳

加藤史子

1976年生まれ。慶應義塾大学SFC卒業後、リクルート入社。「雪マジ!19」キャンペーンなどで頭角を現す。2016年にWAmazingを起業。

撮影:伊藤圭

日本発のインバウンド観光プラットフォームをつくるため、39歳で起業した加藤史子(44)が、28歳の自分に今声をかけるとしたら……。


28歳のとき、うつ病になりました。

女としての人生はこんなことでいいんだっけ?というのがよくわからなくなって、人生の悩みのドツボに入ってしまいました。

何も困ったことはないのに、子どもをどうするか、仕事と子育ての両立はできるんだろうかとか悩んでしまったのと、新しい部署に適応できなかったことが重なりました。

28歳は外圧が吹きすさぶ時期

仕事って28歳ぐらいまでは、上司や先輩に頼まれたことに応えるとか、期待を超えるとか、他者からの評価で自分の価値が定められていくような時期ですよね。

新人と呼ばれる時期が過ぎ、何によってプロになるか、何を強みに組織の役に立てるか、考える時期に差しかかる。それが28歳ぐらいでしょう。

プライベートでもそろそろ結婚や子どもをどうするかなど、周囲からの圧力も強まる頃でしょう。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み