ジブリ美術館、4月28日まで休館延長「安心して来館して頂くため」


「三鷹の森ジブリ美術館」の屋上からは、優しい顔で佇む約5メートルのロボット兵が見守る。

「三鷹の森ジブリ美術館」の屋上からは、優しい顔で佇む約5メートルのロボット兵が見守る。

撮影:吉川慧

東京・三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための臨時休館を4月28日まで延長すると発表した。

同美術館は当初、休館予定を3月17日までとしていたが、毎年5月のメンテナンスのための休館を繰り上げて実施し、4月29日の再オープンを目指す。

ジブリ美術館は公式サイトで「お客様に安心して来館して頂くために十分な時間を取る必要を感じた故の決定です」「既にチケットをお持ちの方、早期の開館を心待ちにして下さっていたお客様にはご期待に沿えなくなり、本当に申し訳ございません」と綴った。

1月22日(水)から3月30日(月)までのチケットは払い戻しを実施する。

4月分のチケットは、4月29日(水)、30日(木)の入場分のみを5月入場分のチケットと合わせて4月10日に発売する予定。最新情報はジブリ美術館の公式サイトやTwitter、LINE等を通じて伝える。

新型コロナウイルスをめぐっては、政府が2月26日に大規模イベントの自粛を要請。さらに3月10日には自粛を「10日間程度」継続するよう呼びかけた。

国内ではイベントだけでなく、美術館や博物館など多くの人が集まる施設で休館などの措置をとる例が相次いでいる。

(文:吉川慧)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み