カメラが捉えた! アメリカで始まった、新型コロナウイルス ワクチンの臨床試験

ワクチンを受ける女性

AP Photo/Ted S. Warren

  • 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ワクチンの第1段階の臨床試験が3月16日(現地時間)にアメリカのワシントン州シアトルで始まった。
  • 試験には45人のボランティアが参加する予定で、このうち4人がこの日、初めてのワクチン接種を受けた。
  • ワクチンの実用化までには少なくとも1年から1年半かかるという。
  • 3月17日現在、新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で18万2400人を超え、7155人が死亡している

3月16日、4人の健康な被験者が初めてのワクチン接種を受けた。

ワクチン接種

ワクチン接種を受けるジェニファー・ハラーさん。

AP Photo/Ted S. Warren

Source:The Associated Press

この臨床試験は、シアトルにある医療機関「Kaiser Permanente Washington Health Research Institute」で始まった。

注射器

AP Photo/Ted S. Warren

Source:The Associated Press

臨床試験には45人のボランティアが参加する。医療機関が選んだこれらの被験者は、体調の良い、持病のない人々だ。

ワクチン接種

AP Photo/Ted S. Warren

Source:Business Insider,AP

ワクチンの実用化までには少なくとも1年から1年半かかると、国立衛生研究所(NIH)の専門家は話している。

被験者

AP Photo/Ted S. Warren

Source:Business Insider

ワクチンの効果が最も高くなる分量を見極めるため、被験者によってワクチンの分量は異なるという。

ワクチンを取り出す様子

AP Photo/Ted S. Warren

Source:AP

被験者はワクチンの接種を2度受ける。2度目のワクチン接種は、1度目のワクチン接種の約1カ月後に実施される。

ワクチン

AP Photo/Ted S. Warren

Source:AP

この"未来のワクチン候補"はNIHとアメリカの製薬会社「モデルナ」が共同で開発した。

冷蔵庫からワクチンを取り出す様子

AP Photo/Ted S. Warren

Source:AP

ワクチンは42日で作られた。

ワクチン接種

ワクチン接種を受けるニール・ブローニングさん。

AP Photo/Ted S. Warren

Source:Business Insider

この試験用ワクチンは、無害な"スパイク"たんぱく質を作り出すことで、からだに抗体を作るよう促し、本物の新型コロナウイルスにさらされた時、からだがすぐに反応できるようにするものだ。新型コロナウイルスは、スパイクたんぱく質を使って人の細胞に侵入する。

試験の様子

AP Photo/Ted S. Warren

Source:AP

承認されれば、実際のウイルスそのものでなく、ウイルスの遺伝子に含まれるメッセンジャーRNAを利用した初めてのワクチンとなる。ウイルスを使っていないため、ワクチンによって被験者が新型コロナウイルスに感染することもない。

被験者

AP Photo/Ted S. Warren

Source:Business Insider,AP

ただ、ウイルスに感染するリスクはない一方で、ワクチンの安全性はまだ分かっていない。免疫反応がどうなるか、科学者たちにもまだ分からない。

薬剤師

AP Photo/Ted S. Warren

Source:AP

そして、他のワクチンの開発も進んでいる。いずれにせよ、実用化の前に研究者たちはその安全性と有効性を確かめなければならない。

臨床試験に使用される小瓶

AP Photo/Ted S. Warren

Source:Business Insider,AP

[原文:Photos capture the world's first human trial of a potential coronavirus vaccine

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み