【ヤッホーブルーイング社長・井手直行4】バラバラだった社内が一つになるまで。結果出るまで耐えた3年間

井手直行

1967年福岡県生まれ。バイクで放浪の旅を経て、軽井沢の広告会社に入社。その後、星野佳路氏に誘われ、ヤッホーブルーイングに入社。2008年、同社社長に就任。

撮影:竹井俊晴

ネット販売が好調となり、井手は上機嫌だった。注文件数が伸びるたび、「増産よろしく!」「キャンペーンの対応お願いします!」と社内に声をかけて回り、張り切っていた。

ところが、返ってくる反応は鈍かった。むしろ「残業が増えてやってられない」「井手さんだけパソコンの前でラクして、こっちは大変なんだよ」と不満が噴出した。

社内の足並みが揃っていない。なぜか、と考えたら思い当たることがあった。

井手が日々体感しているような「お客さんとのダイレクトなコミュニケーション」を他の社員は体験できているわけじゃない。何のために目の前の仕事をやるのか。その思いを共有しない限り、これ以上の成長は見込めない。

今、何より優先すべきはチームワークを高めることだ!

井手は外から積極的に学び取り、スポンジのように吸収する。

まずは自身が楽天主催のチームビルディング講座に参加し、「初対面のメンバーでも数カ月間で信頼関係を築くことができた」と効果を実感。フラフープを使ったグループワークなどを通じ、一致団結するまでにたどる混乱や規範形成のプロセス、異なる強みを尊重し合う組織づくりの方法について学んだ。

さらに、学び取ったメソッドをフルに活かそうと、2009年から業務時間内で社内研修を行うことを決めた。研修を主催した楽天関係者も、「受けてよかったと感想を言う人はたくさんいるが、本当に社内でそのまま導入した人は初めてです」と驚いたという。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み