ニューヨーク州などでスポーツジムへ閉鎖命令…そしてワークアウトはバーチャルに

ジムは閉鎖の危機

Crystal Cox/Business Insider

  • コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、多くのジム、フィットネススタジオ、スポーツクラブが閉鎖を余儀なくされている。
  • ニューヨーク州、ニュージャージー州、およびコネチカット州では、州知事がすべてのジムを3月16日午後8時に閉鎖すること通達した。
  • 他の州や都市でも、生活に必須ではない店舗や企業に対するさまざまな閉鎖措置をとっている。
  • サービスを提供し続けて生計を立てるために、一部のパーソナルトレーナーは、仮想トレーニングやビデオ通話によるワークアウトなどに移行している。

新型コロナウイルスがアメリカのほぼすべての州に行き渡った。主な都市と州の政府は抜本的な隔離措置を実施していて、多くは、ジム、フィットネススタジオ、スポーツクラブなど、生活に必須ではないすべてのビジネスの閉鎖を命じている。

ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州は、3月16日午後8時以降はジムを閉鎖するように命じた。Business Insiderは、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事が16日朝に閉鎖を発表したと報じた。その発表の少し前に、ニューヨーク市のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長がブルックリンのYMCAで目撃され、批判を引き起こした。

メリーランド州ワシントン州ロサンゼルスフィラデルフィアも同様の措置を実施していると地元メディアが報じている。

バーやレストランは、オハイオ州やイリノイ州のような中西部でテイクアウトのみに制限されているが、これらの地域でジムが営業しているかどうかは不明だ。

ジムやパーソナルトレーナーは、シャットダウンにどのように対応しているのだろうか。

最小限の器具を使ったバーチャル・トレーニングへ移行

ニューヨーク市のジムでコンサルタントとしても働いているパーソナルトレーナーのブライアン・ゴールドバーグ(Bryan Goldberg)によると、「社会的距離」をとることが必要で、いつ正常に戻るか分からない状況の中で、多くのフィットネストレーナーは、仮想ワークアウトやビデオ通話を介してのトレーニングに移行しているという。

実際に、TSフィットネスの創設者でCEOのノーム・タミール(Noam Tamir)によると、彼のジムでは、仮想グループワーク、Skypeを介した1対1の個人トレーニング、ソーシャルメディア上での無料のワークアウト指導、フィットネス・アプリなど、そのコンテンツをオンラインに移行しているという。

インスタグラム(Instagram)のフィットネス・インフルエンサーなど、他のパーソナル・トレーナーは、無料または低価格のオンラインプログラムを提供し始めている。

多くの大手スポーツジムは、会員にオンラインのフィットネスクラスを利用を推奨している。CrunchとPlanet Fitnessは、どちらもこの方向に進んでおり、後者は会員ではない人にもオンラインの無料クラスを提供している。

全国チェーンのGold's Gymは最近、3月31日までの一時的閉鎖を発表したが、彼らのフィットネスアプリへのプレミアムアクセスを一般に無料で公開している。

ジムに行かないことはリスクの高い人を守ることにつながる

『The Hand Book: Surviving in a Germ-Filled World(ハンドブック:細菌で満たされた世界で生きる)』の著者で、ウィリアム・パターソン大学の生物学教授、ミリアム・ウォーマン(Miryam Wahrman)によると、公共の場所であればどこでも感染の危険はあるが、ジムは汗をかいた体と接触する場所が多く、病原体が繁殖するのに適した環境になっているという。

「トレーニング中に触れた場所は、すべて病原体の宝庫になり得る。湿気を好むので、汗で覆われた場所では長く生存し、感染が可能だ」と、ウォーマン教授は電子メールでBusiness Insiderに語った。

実際のリスクは、ジムの清潔さと利用者の衛生習慣に大きく依存していると彼女は付け加えた。すべてのジムは消毒剤を提供しているが、それを使用するのは利用者だ。

「ジムという言葉は、小さなトレーニングルームを指すこともあれば、倉庫ほどの大きさの巨大なトレーニングセンターを指すこともある。広さによってもリスクは大きく異なる可能性がある」とウォーマン教授は言う。

ジムでの安全を確保するには、使用前と使用後に体が触れる場所すべてを拭くことが必要で、社会的な距離を保つためには、隣の人との間は最低2メートル程度空けておかなければならない、とウォーマン教授は付け加えた。さらに、免疫不全の人や高齢者は特にリスクが高いと指摘する。

ゴールドバーグは、自分自身を守るためではなく、ハイリスクな人々にウイルスが広がらないようにするために、ジムには行かないようにしていると述べた。

「ほとんどの人が軽度または無症状であるにもかかわらず、特定の集団にとって非常に危険であることがわかってきている。このウイルスが私にどう影響するかではなく、一緒に住んでいる両親や祖母の問題になってくる」

彼は、公共のジムに行くことは必要不可欠なことではなく、回避可能なリスクだと説明した。自宅で効果的な運動をする方法がたくさんあるからだ。

「スーパーマーケットがジムよりも安全だとは思っていない。しかし、食料品は必需品だ。少しの間、家で運動しても、失うものはほとんどない」

[原文:Gyms across the US are shutting down and going virtual to prevent the spread of the coronavirus

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み