BI Daily Newsletter

アメリカのホテル業界では400万人が職を失う…政府に1500億ドルの支援を要請

観光業へ打撃

閉鎖されたラスベガスのホテル。2020年3月18日。

REUTERS/Steve Marcus

  • 新型コロナウイルスにより、アメリカのホテル業界がかつてないほどの予約キャンセルに直面しており、シアトルやボストンなどは稼働率が20%まで低下していると報じられた。
  • アメリカのホテル従業員400万人が職を失う可能性があると、アメリカのホテル業界団体アメリカン・ホテル&ロッジング協会(AHLA)が発表した。
  • アメリカのホテル稼働率が30%低下した場合、GDPが3000億ドル(約33兆円)減少すると、オックスフォード・エコノミクスの調査が明らかにした。
  • ホテル観光業界のCEOたちは、旅行業界の破綻や景気後退を防ぐため、政府に1500億ドル(約16兆5000億円)の支援を要請した。

400万人近くのアメリカのホテル従業員が職を失う可能性があると、アメリカン・ホテル&ロッジング協会が発表した。これはアメリカ国内のホテル関連職の50%近くになる。

新型コロナウイルスの懸念や規制のため、アメリカ国内のホテルはかつてないキャンセルや閉鎖に直面している。「シアトル、サンフランシスコ、オースティン、ボストンなど影響の大きい地域では、ホテル稼働率がすでに20%未満まで低下している」と、AHLAはプレスリリースで述べた。

400万人の失業は、ホテル稼働率が30%減少するという予測にもとづいたもので、結果として3000億ドル(約33兆円)のGDPの損失になると、オックスフォード・エコノミクスがAHLAと共同で行った調査で結論づけた。

3月17日、ホテル観光業界のCEOたちはアメリカ政府に対し、1500億ドル(約16兆5000億円)の支援を要請した

「我々の業界への影響は、これまでに経験した同時多発テロや2008年の金融危機以上に厳しい」と、AHLA代表でCEOのチップ・ロジャーズ(Chip Rogers)氏はリリースで述べた。

ホスピタリティ業界の幹部たちは、政府の支援なしでは、ホテル関連職の失業が景気後退を引き起こしかねないと懸念している。

「この前例のない公衆衛生の危機は、すぐに壊滅的な経済危機へとつながる」と、全米旅行産業協会の社長兼CEOのロジャー・ダウ(Roger Dow)氏はリリース内で述べた。

「旅行業界の損失だけで、アメリカ国内の今後2カ月の失業率は2倍となり、国を不況に追い込むと予想される。旅行関連の83%を占める中小企業が、従業員へ給料を払い続けることができるように、今すぐ支援が必要だ」。

3月17日、ウォール・ストリート・ジャーナルは、世界最大のホテル企業であるマリオットが世界中のホテル閉鎖が進む最中、数万人の従業員の一時帰休を開始したと報じた。


[原文:4 million people who work in the US hotel industry could lose their jobs in the coming weeks due to the coronavirus

(翻訳:Makiko Satom、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み