3月25日配信へ。新iPadOS 13.4の「タッチパッド対応」で既存iPadもここまで変わる

新型iPad Pro

アップルのプロモーションビデオより。まるでデザインが大きく変わったMacBookのような外観は興味をひく存在だ。

出典:アップル

先週、突如発表され、3月25日の発売開始が注目される新型iPad Pro。モバイル機器としておそらく初の採用となる3D環境スキャナー「LiDARスキャナー」の搭載以上に注目されるのが、ノートPCのようなトラックパッド付きの新型キーボード「Magic Keyboard」の登場だ。

Magic Keyboard自体は本体から遅れて5月発売のため、すぐには使えない。けれども、タッチパッドのサポートそのものは、3月24日(現地時間、時差の関係で日本ではおそらく25日)配信のiPadOSの最新アップデートで追加される。そのため、実際には最新のiPad Proだけではなく、最新iPadOSをサポートする多くのiPadで(たとえば2019年に登場した安価な第7世代iPadでも)、この機能を利用できることになる。

logicool

アップルストアに掲載済みの「Logicool Combo Touch Keyboard Case with Trackpad」。第7世代iPad用と、第3世代iPad Air用がある。価格は1万8600円(税別)。ただし、現時点では注文不可になっている。

出典:ロジクール

昨今増えてきた在宅勤務やテレワーク向けのマシンとして、iPadをノートPC代わりに使いたい人からも、非常に注目度の高い機能といえる。

iPadOSでは、タッチパッドのカーソル形状が「機能やアプリに応じていろいろな形に変わる」という、PCではまず見たことがないような実装になっている。

プロモーションビデオでその一端は見えるものの、どんな振る舞いになるのかは不明な点が多い。

その動作と設計哲学について、アップルは先週、一部ジャーナリスト向けに上級副社長でソフトウェア開発責任者・クレイグ・フェデリギ氏の動画「Introducing the trackpad for iPadOS」を公開している。その内容を見てみよう。

iPadOSの「魔法のカーソル」はどう動くか?

クレイグ・フェデリギ氏

iOSやiPadOS、macOSなどの発表時に登壇することで知られる、上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏。

出典:アップル

フェデリギ氏はiPadOSのカーソルを「(新しいカーソルは)最も自然なタッチ体験のための形状の1つ」だと説明する。

カーソルは、アプリの選択部分(ボタンなど)が押しやすい形状に自動的にトランスフォームしたり、テキスト選択時には、見慣れた「I」形状のカーソルに変わったりする。

新型iPad Pro

文字入力アプリの無地の部分では、画像のような「●」型のカーソル。それが文字部分に移動すると……。

出典:アップル

新型iPad Pro

このように見慣れた「I」形状のカーソルに。もちろん、範囲選択もタッチパッド上からできる。

出典:アップル

選択する場所によって、カーソルがさまざまな形に形状を変えるので、カーソルを見失いそうにも思えるが、このあたりは、24日に配信される最新版「iPadOS 13.4」で触ってみての評価にしたいところだ。

iPadOSのすべてのタッチ操作はタッチパッドでも代用できる

iPadOSのDock

macOSのようなアプリランチャー機能「Dock」は、動画の説明によるとカーソルを画面下端にもっていくと出現するようだ。

出典:アップル

iPadOSは、アップデートの過程でさまざまなジェスチャー操作を搭載してきた。

たとえば、画面右端から指を中央に向かってスワイプすると、小さなアプリウインドウ「スライドオーバー」が出現したりする。

こういったジェスチャー操作はタッチパッドとカーソルでも、そのまま再現できる。

iPadOSのタッチ操作でのスライドオーバー

スライドオーバーのデモ。画面右端に微妙に見えている丸いものがカーソル。画面右端にカーソルを持っていくと……。

出典:アップル

iPadOSのタッチ操作でのスライドオーバー

このように、ミニアプリ的に使えるスライドオーバーが出現。この状態で、タッチパッドを2本指スワイプすると、スライドオーバーのタスク切り替えもできる。

出典:アップル

個人的には、画面タッチのユーザーインターフェースには、画面タッチなりの良さがあると思っている。

「指先で触るもの」と「カーソルで操作するもの」は、根本的にOSとしてのユーザーインターフェースの設計が違って、似て非なるものだということは以前、Surface GoとiPad Proの比較レビュー記事にも書いた通りだ。

iPadOSのタッチパッドサポートによって、iPadOSがWindowsやMacのような操作感になっていくようなら本末転倒だ。

けれども、おそらくは、アップルはそうではない「タッチ操作とカーソル操作の間をとった操作体験」を考えたはず。そうでなければ、長年こだわってきた「原則タッチ操作のみ」のルールを改める意味がない。

iPadとマウス

現行のiPadOS13.3でも補助機能としてマウスは使えたが、あくまで限定的なものだった(撮影用にキーボード上にマウスを置いています)。

撮影:伊藤有

冒頭にも書いたように、多くのiPadユーザーが待ち望んでいたタッチパッドの正式サポートは、最新版のiPadOSにアップデートできるすべての機種に提供される。

比較的最近のiPadユーザーなら、Bluetoothマウスさえあれば、すぐに手持ちのiPadで操作感がどう変わるのかを体験できる。その上で気に入れば、サードパーティーのタッチパッド付きキーボードを入手してみるのも良いかもしれない。

個人的には、従来のiPadOSで確認していた「一部のWebアプリのスクロール操作などが指先ではうまく動かない」ケースが、このサポートによって解消されたのかどうかに注目している。

iPadOS 13.4の体験がどう変わるかは、24日(日本時間25日の見込み)のアップデート配信後にもあらためてレポートする予定だ。

(文・伊藤有)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

「仕事ができないヒマな社員」がボランティアに逃げているというウソ

ミスです!

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み