「まだ準備ができていない」…コロナウイルスの封じ込めを終わらせるのは早すぎると専門家が警告

2020年3月6日、公聴会で新型コロナウイルスについて話すジョンズ・ホプキンズ大学のブルームバーグ公衆衛生学部のディレクター、トム・イングレスビー博士。

2020年3月6日、公聴会で新型コロナウイルスについて話すジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生学部のディレクター、トム・イングレスビー博士。

Samuel Corum/Getty Images

  • ジョンズ・ホプキンズ大学のトム・イングレスビー博士は、アメリカの何百万人もの生命を危険にさらすことになるため、社会的距離を縮める取り組みを始めるのは時期尚早だと述べている。
  • トランプ大統領が3月23日の会見で、経済活動を再開する必要があると言った後のことだ。
  • 方針を変更する前に、より多くの装備を用意し、全体的な発生件数を減らす必要があるとイングレスビー博士は言った。

アメリカのドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、経済活動の再開に言及した。他にも再開を求める声はある。

しかし、パンデミックの専門家の1人は、拙速に社会的な距離をとることをやめると、新型コロナウイルスがより広範囲に広がり、多くの死者を出す可能性があると警告している。

「今、社会的距離をとるのをやめるよう求めている人は、そうすれば国がどうなるかを理解する必要がある」と、ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部の健康セキュリティセンターのディレクターであるトム・イングレスビー(Tom Inglesby)博士はツイッターで述べた。

「さらに急速な広がりを見せて、大きな社会的・経済的影響を及ぼし、多くの人の命を奪う可能性もある」と彼は続けた。

新型コロナウイルスはアメリカで急速に広がっており、一方で病院では検査キット、綿棒、人工呼吸器、病院職員用の防護服などが不足している。イングレスビー博士によると、一部の予想では、社会的距離が保たれなければ、医療システムは患者の発生に完全に圧倒されることになるという。

過去24時間以内に、COVID-19自体の影響よりも悪いという論拠によって、社会的距離を止めることを求める発言がアメリカの著名な人物から発せられた。アメリカのコロナウイルス蔓延の状況と、止めるとどうなるかについて、その主張を非常に注意深く検討する価値がある。

3月23日、ホワイトハウスのコロナウイルス対策本部による説明会で、トランプ大統領は記者団に「ビジネスのために国を開放するつもりだ。なぜなら、我々は開かれた国であり、他国と協力する国だからだ」と語った。

「近いうちに、願わくば近いうちに、すべてを再開したいと思っている」

対策本部のデボラ・バークス(Deborah Birx)博士は、パンデミックへの対応は、地域の実情に応じて策定し、長期にわたって実施する必要があると述べたが、大統領は「しかし同時に、ある時点で我々はオープンになり、行動する必要がある」と付け加えた。

「我々は企業を失いたくない。労働者を失いたくない」

この発言は、FOXニュースのスティーブ・ヒルトン(Steve Hilton)が22日、社会的距離を置くことは、ウイルスそのものよりも経済に害を与える、と発言してから、24時間もたたないうちになされた。

イングレスビー博士は、広範囲にわたる感染発生に備えるために、3月4日に議会へ勧告を出した人物で、アメリカには、社会的距離の許容範囲を大幅に変更する前にやるべきことがたくさんあると述べている。

それには、マスクや他の防護具を大量に作って不足しないようにする、医療提供能力の向上、患者のトレースと隔離が再び必要になる事例を減らす、空港におけるスクリーニングの実施、誰が感染し回復したのか調べる、などが含まれる。

「こうしたことが実現した後に、社会的距離を保つための手段を検討し、試行錯誤を繰り返しながら、何を変えていけるかを考える方が、はるかにリスクが少ない」とイングルスビー博士は言う。

[原文:A top pandemic expert warns it's way too soon to end the coronavirus lockdowns: 'COVID would spread widely, rapidly, terribly'

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み