ニューヨークの医師が記す救急救命室の一日…「私はエボラ出血熱から生還したが、COVID-19を怖れている」

クレイグ・スペンサー医師

クレイグ・スペンサー医師

Spencer Platt/Getty Images

  • 医師のクレイグ・スペンサーが、コロナウイルスの大流行の中で、救急救命室の医師の毎日がどのようなものかについて、ツイッターで語っている。
  • 彼の一日は朝6時半のコーヒーで始まり、家に帰ってシャワーを浴びる前に廊下で服を脱ぐことで終わる。
  • 「私はエボラを生き延びた。私はCOVID-19を怖れている」

クレイグ・スペンサー博士の一日はごく普通に始まる。

朝6時半にコーヒーを淹れるが、それだけで一日中持ちこたえられる。そこから彼は仕事に向かい、コロナウイルスの大流行に立ち向かうニューヨーク市の最前線に立つ。

スペンサーはニューヨークのコロンビア大学医療センターの救急医療部門でグローバル・ヘルス担当ディレクターを務めている。彼はツイッターで、救急救命室(ER)での勤務は通常午前8時に始まると述べた。病院の近くの店は全部閉まっているので、コーヒーは一日一杯で済ませないといけない。

スペンサーはコロナウイルスの世界的流行について独自の見解を持っている。彼は西アフリカのギニアでエボラ出血熱の患者を治療した後、2014年にニューヨーク初の、そして唯一のエボラ出血熱患者になった。スペンサーは、この病気もエボラ出血熱と同様に深刻に受け止めるべきだと警告する。

彼はツイッターで、3月23日の救急救命室で自分の一日の様子を伝えた。その時点で、ニューヨーク市では1万2000以上の症例があった。ニューヨーク州は世界中の症例のほぼ6%を占め、パンデミックの中心となっていた。

皆さんのすばらしいサポートと励ましのメッセージをに感謝します。

多くの人が救急室での様子を聞いてくれました。少し共有したいことがあります。RTをお願いします。

ERドクターの1日:COVID-19最前線からの短信

早朝の外の通りはかなり静かだが、病院の中は別だ。

「咳の不協和音があります。止まって。マスクをしてから入って」と彼はツイートした。

ほぼすべての患者が、年齢に関係なく同じ症状を経験していると、彼は書いた。

「咳、息切れ、発熱」

午前10時に、彼が診察している2人の患者は、呼吸を助けるために人工呼吸器をつける必要がある。一日は患者の症状に基づいて同じようなリズムを刻む。

残りの勤務時間では、ほぼ1時間ごとにページが表示されます。

状態通知:重症患者、息切れ、発熱、酸素88%。

状態通知:低血圧、息切れ、低酸素。

状態通知:酸素不足、呼吸困難、発熱。

終日同じ...

ある時点で彼は水を飲んでいないことに気づく。 同時に、彼は自分のマスクを外したくはない。西アフリカでエボラ出血熱を治療した経験を思い出す。彼は水を飲まずに何時間も過ごした。「きっともう少し我慢できるだろう」と彼はツイートした。

昼食は病院のカフェテリアで午後遅くに食べる。二度手を洗ってマスクを外した後に食べた。

スペンサーは一日中防護服を着ていると書いている。

「あなたが目にするほぼ全員が同じです。全員が#COVIDー19であると想定しています。我々はすべての接触でガウン、ゴーグル、マスクを着用しています。一日中。これが安全である唯一の方法です」と彼は書いた。

「心臓発作と虫垂炎の患者はどこに行った?今はすべてがCOVID-19です」

シフトが終了すると、次のチームに引き継ぎます。その内容はすべてCOVID-19です。この1週間で、低酸素、リンパ球減少、Dダイマーの上昇などの兆候を学びました。

あなたは防護具なしで街を行く友人を心配します。病院では人工呼吸器が不足しています。

次のチームへの引き継ぎのときの話題は、防護具を持っていない友人や、人工呼吸器が不足している病院のことだ。

病院を出る前に、マグカップ、バッジ、財布などすべてを拭いているという。

街では、病院の中で起きていることとはまったく対照的だと、彼は指摘する。

「通りには人がいない。これは、中で何か起こっていようと何も感じない。人々は多分何も知らない???」と彼はツイートした。

家では、スペンサーは廊下で服を脱ぎ、すぐにシャワーを浴びます。

「奥さんは小さい子どもを遠ざけようとするでしょう。何日も会っていないのでつらいです」と彼はツイートした。

あなたは家に着く。廊下で服を脱ぎます(大丈夫です、あなたの隣人はあなたが何をしているのか知っています)。バッグの中のものすべて。 あなたの妻は幼児を遠ざけようとしますが、何日も会っていないので、それは本当につらいことです。 シャワーを浴びる。すべて洗い流して。これ以上の幸せはありません。家族のための時間です。

病院の中と外の世界との違いは、パンデミックが病院にどれだけ深刻な影響を与えているかを人々に理解させるのを難しくするだろう、と彼は指摘した。

「何もない道路を見ていると、これがどれだけひどいのか、そしてどれだけひどいことになるのかを理解するのはとても難しい」と彼はツイートした。

「病院の収容能力は限界に近づいている。人工呼吸器がなくなってきた。救急車のサイレンが止まらない」

スペンサーは最後に、ウイルスの蔓延を遅らせるために協力するよう一般の人々に呼びかけた。

「このウイルスを止めるにはもう遅すぎます。以上。しかし、広がるのを遅らせることはできます。このウイルスは、接触していない人に感染することはできない。今、我々を救うことができるのは社会的距離だけです。私が関心があるのは人の命を救うことであって、経済的な影響ではありません」

エボラを生き延びた経験から、彼は新型コロナウイルスについて説明してツイートを終えた。

現実じゃないと言われるかもしれません。現実です。

悪い状況じゃないと言われるかもしれません。悪い状況です。

ウイルスはあなたを倒すことができない言われるかもしれません。倒せます。

私はエボラを生き延びました。私はCOVID-19を怖れています。

自分の役目を果たして、家にいて。気をつけて。

私は毎日あなたのために働きに行きます。

編集部より:初出時、本文中で「経済的な影響ほど命を救うことに関心を持っていません」としていましたが「私が関心があるのは、人の命を救うことであって、経済的な影響ではありません」と訂正いたします。 2020年3月28日 21:30

[原文:An ER doctor who survived Ebola shares the harrowing reality of the coronavirus pandemic and levels a stark warning

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み