BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

どこよりも速い災害情報を。「特務機関NERV」ゲヒルンを生んだエンジニアの思い

| Tech Insider

Sponsored

石森大貴

「特務機関NERV防災アプリ」 ── 気象庁が発する地震、津波、噴火、台風、土砂災害、河川情報、雨雲レーダー、大雨危険度通知や、河川情報センターからのダム放流通知などのさまざまな防災情報やJアラート(国民保護情報)の情報を即時配信するツールとして、2019年9月のリリース以降、約57万人(2020年3月時点)のユーザーに利用されている。

気象庁職員にも愛用者が多いという同アプリを開発・運営しているのが、エンジニアの石森大貴氏が代表取締役を務めるゲヒルン株式会社だ。10年前、個人的なTwitterアカウントからスタートした防災情報の配信は、いかにして社会に浸透していったのか。石森氏に、同社の取り組みと日本の防災情報の現状、そこから浮かび上がる課題、未来の防災情報のあり方などについて聞いた。

石森大貴(いしもり・だいき):ゲヒルン株式会社代表取締役。1990年、宮城県生まれ。筑波大学在学中の2010年7月にゲヒルン株式会社を設立。同年より、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する「特務機関NERV」の名称を用いたTwitterアカウントを開設、気象情報などの配信を開始する。2011年、東日本大震災発生時は節電をツイートで呼びかける「ヤシマ作戦」を展開し、話題となる。以後、会社の事業と併行してTwitter上での災害速報に取り組む。2019年9月、防災情報アプリ「特務機関NERV防災アプリ」をリリース。全国の地震情報、台風情報などをどこよりも速く伝えるサービスとして注目されている。現在、同社代表取締役。

Related articles