「初年度3%還元」Visa LINE Payクレジットカードが4月下旬に受付開始。東京五輪延期もデザインはそのまま

Visa LINE Payクレジットカードの案内

延期が続いていた「Visa LINE Payクレジットカード」の案内時期がついに明らかになった。

撮影:小林優多郎

LINEは3月26日、2019年1月に発表していた「Visa LINE Payクレジットカード」の受付を4月下旬から順次始めることを明らかにした。

Visa LINE Payクレジットカードは、初年度還元率3%で、かつスマホ決済「LINE Pay」に唯一チャージできるといった特徴を持つ。

もともとは「2019年内に発行」としていたが、その後延期を発表。今回ようやく「4月下旬」という目処が発表された。まずは、2019年8月30日から9月30日までに募集された先行案内に登録したユーザー向けに優先的に案内が送られ、それ以外のユーザーへの対応は4月20日以降に明らかになる。

発行会社はオリコから三井住友カードへ

通常デザイン

Visa LINE Payクレジットカードの通常デザイン。クレジットカード番号や有効期限などは裏面にまとめられている。

出典:LINE

当初から大きく変わった点は、クレジットカード発行会社がオリエントコーポレーション(オリコ)から、三井住友カードに変更された点だ。LINEは1月31日にオリコとのクレジットカード発行における業務提携を解消したと発表していた。

当初予定していた「オリコ版」の機能と比べて、「三井住友カード版」に大きな変更はないが、LINEの強みである「LINEでのリアルタイムでの決済通知」は2020年夏以降の機能追加で実装するとしている。

東京オリンピック延期もデザインはそのまま

限定デザイン

Visa LINE Payクレジットカードの限定デザイン。

出典:LINE

なお、LINEは2019年6月に開催した事業戦略発表会で、Visa LINE Payクレジットカードの詳細を明らかにし、Visaとの提携関係を活かして2020年東京オリンピック・パラリンピックでの共同プロモーションを行うと明らかにしていた。

VisaとLINEの提携

VisaとLINEは東京オリンピックに向けてプロモーションを行うとしていた(2019年6月撮影)。

撮影:小林優多郎

直近で東京オリンピックは「遅くとも2021年夏までに開催」(安倍首相)する方針が発表されているが、公開済みの東京2020のロゴを入れたオリンピック限定デザインの盤面に大きな変更は見当たらない。

これに対し、LINE Pay広報は「名称としてはTokyo 2020が引き続き利用されるという方針を聞いており、デザインの変更予定は現状ない」と話している。

(文、撮影・小林優多郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み