BI Daily Newsletter

【お金の不安解消実践・後編】意外に充実の公的制度の活用を。「検索力・交渉力」で民間保険より強力なセーフティネットに

内藤眞弓

撮影:今村拓馬

安定した収入があり、順調に貯蓄できていたとしても、お金の不安はゼロにはならないものです。特に「自分やパートナーが病気で働けなくなったら?」「親が倒れて介護が必要になったら?」といった不測の事態を想像すると、気持ちが焦ってしまう人も多いでしょう。

昨今、がんになって仕事を辞めたケースや親の介護のために離職したケースなどがメディアで数多く取り上げられています。コロナで失業したり収入が大幅に減ったりした人もいるでしょう。なかには金銭的な負担により人生設計が大きく狂ってしまう事例も。

こうした情報を耳にすれば「もしかしたら自分も……」となおさら不安を感じてしまうかもしれません。

「いざという時」のお金の不安に対して、私たちはどう備えればいいのでしょうか? その処方箋を、ファイナンシャルプランナーの内藤眞弓さんに伺いました。

「もし何かあったら」の“何か”って?

病気やけがで思うように働けなくなったり、親の介護が必要になって仕事との両立が難しくなったりということは誰にでも起こりえます。いざというときに備えて不安を解消したいと考えた時、すぐに思いつくのは民間の保険に加入することかもしれません。

ファイナンシャルプランナーとして家計のご相談を受ける中でも、「不安なので保険に入りたい」というお話はよく聞きます。そこで「保険に入りたい理由は何ですか?」と尋ねると、「将来、何かあったら困るので」といったあいまいな答えが返ってきたりします。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み