無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スマートニュース、新型コロナ特設チャンネルで「ユーザー倍増」。ロックダウン前夜に記録更新

スマートニュース 人工知能 アプリ

アメリカでユーザー数を大きく伸ばしているスマートニュース。

Screenshot of SmartNews

  • 人工知能活用のニュースアグリゲーションアプリ「スマートニュース(SmartNews)」が、新型コロナウイルスの世界的流行を背景に、3月1日からの約1カ月でユーザー数倍増を果たした。
  • 利用者急増の理由について、同社は、新型コロナ流行への強い関心をあげた。
  • スマートニュースアプリは、新型コロナの世界的大流行に関連するニュースについて、位置情報など個別のユーザーにパーソナライズされたヘッドラインを表示する「コロナウイルスチャンネル」タブを設置している。
  • 同社によると、新型コロナ流行による景気低迷でマーケティング費用の削減を進めているものの、売り上げにネガティブな影響は出ていないという。

新型コロナウイルスの世界的大流行により、外出が禁じられ、経済は大打撃を受け、いま人々はニュースに飢えている。

2012年に東京で生まれたスマートニュースは、3月にアメリカでのダウンロード数を大きく伸ばした。2019年8月時点での日米合わせた月間アクティブユーザー数(MAU)は2000万人だったが、3月末までに2倍以上にふくれ上がった。

同社の時価総額は11億ドル(約1200億円)。Business Insiderを含む400のパブリッシャーが提供する政治・スポーツ・グローバル・エンタメなどのニュース記事を、機械学習にもとづく評価アルゴリズムを活用し、キュレーション配信している。

アップルの定額制サービス「Apple News+(ニュースプラス)」と競合するが、ペイウォール(課金)ではなく広告モデルを採用している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ダンピエール・アン・ビュリーの原子力発電所

脱炭素の潮流のなか「原発返り」推進するフランス・マクロン大統領の思惑…COP26が10/31開催

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Oct. 26, 2021, 11:00 AM

インサイド・チャイナ

フェイスブックの「メタバース砲」に身構える中国。テンセントは2019年から投資、規制当局は牽制

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 26, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み