マイクロソフト、外出禁止令エリアでクラウドにアクセス殺到。専門家は「インフラ投資が急務」と指摘

マイクロソフト

米ラスベガスのイベントに登壇したマイクロソフトのサティア・ナデラCEO。

YouTube/Microsoft/Business Insider

  • マイクロソフトはコロナ危機で在宅勤務向けサポートツールの需要が高まっている現状に対し、キャパシティ増強の対応を急いでいる。
  • とくに、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)を要請されている地域で、同社のクラウドプラットフォーム「Azure(アジュール)」は775%の需要増。ビジネスチャット「Teams(チームズ)」も大きく伸びている。
  • マイクロソフトはこの大幅な需要増を受け、「一部のサービスで一時的な利用制限」を行う考えを明らかにしている。

新型コロナウイルスの世界的流行を背景とする在宅勤務の増加を受け、マイクロソフトのクラウド製品やビジネスチャットアプリの需要が急増している。同社は公式ウェブサイト上で、プロダクトの運用に支障が出ないよう、キャパシティ強化を急いでいることを明らかにしている。

外出禁止令の出ている地域におけるクラウドサービスの需要量は775%の増加を記録。クラウド上で提供される仮想デスクトップ「ウィンドウズ・バーチャル・デスクトップ(Windows Virtual Desktop)」の使用量も3倍増。新型コロナウイルス感染症の関連情報を共有するダッシュボードに採用されている、ビジネス分析ツール「Power BI(パワー・ビーアイ)」の使用量も42%増えたという。

急激な需要増を受け、マイクロソフトは「一部のサービスで一時的な利用制限」を行う考えを明らかにしており、フリートライアル版の提供や新たなサブスクリプションのうち「特定のリソース」がその対象になる模様だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み