【シタテル・河野秀和2】工場に発注できない。飛び込みの工場開拓から始まった原点

河野秀和

1975年熊本県生まれ。外資系金融機関を経て、独立。2014年、シタテルを設立。2年後に東京にも拠点を設ける。

撮影:伊藤圭

河野秀和(45)は最初からアパレル産業に興味を抱いていたわけではない。

もともと外資系の金融機関で働いた後に、熊本で独立してリスクマネジメントやファイナンシャルプランニングに関する事業を開始。あらゆる業種のクライアントに接しながら、企業の課題解決ばかりを考える日々だった。

特に興味を持ったのが「企業の存続や事業の継続」についてだったという。

「地方の中小企業では、どんな業種でも後継者(事業承継)問題があり、技術をいかに継承するかという悩みを抱えていました。そこで、テクノロジーによって地方の企業の仕事を拡張できないかと考えたんです」

当時37歳。地元・熊本にあるセレクトショップのオーナーと話をしていて、アパレル業界の構造上の問題を知る。

まず、素材の調達から企画、縫製、加工、配送などすべての工程が複数の業者に分かれており、川下にいるセレクトショップが川上の情報を知ることは容易ではないということ。大量生産が前提の産業であるため、少量必要な数だけ衣服が欲しくてもコストが上がり、そもそも発注できないケースが多いということ。

だから、良いものを適正価格で提供したくても、小さなセレクトショップでは大量に在庫を抱えられない。結局は売れる定番商品を多めに仕入れると、ラインナップも均一化してしまう。こうした現実が古くから変わらずに存在していることに疑問を抱いたのだった。

「当初はなぜ数十枚の衣服を作ることができないのか理解できませんでした。しかも、アパレル業界の構造的な問題で、同じ街に手の空いている工場(閑散期)があるにもかかわらず、生産の発注ができないと言うのです。この構造に違和感を拭えなかった」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み