サンフランシスコ市警が、屋内退避命令に守らない人々に対して違反切符を切り始めた

サンフランシスコ市警は、屋内退避命令に守らない人々に対して、違反チケットを切り始めた

2020年3月17日、サンフランシスコのグラントアベニューを通るパトカー。

Justin Sullivan/Getty Images

  • サンフランシスコ市警は、コロナウイルス病の蔓延を遅らせるための屋内退避令に違反している人々に違反切符を発行し始めた。
  • 企業と少なくとも1人が摘発されている。
  • 3月17日にサンフランシスコ市で自宅退避令が発効して以来、警察は居住者の自発的な行動に依存してきた。

サンフランシスコ市は、屋内退避命令の実施を住民の自主的な法令遵守と教育に依存してきたが、命令に違反した人には違反切符を発行している。

サンフランシスコ・エグザミナー紙によると、サンフランシスコ市警のビル・スコット(Bill Scott)署長は4月3日の記者会見で「最後に皆さんの前に立ったとき、いずれその時が来るだろうと予測していた」と述べた。

「その時が来て、我々は法の適用を始めた」

サンフランシスコ・クロニクル紙によると、スコット署長は、会見前の24時間以内に、ある一つの企業と少なくとも1人の人物を摘発したという。命令では、できるだけ家にいて、必要なときだけ外出し、社会的距離を保つよう指示している。また、ナイトクラブや飲食店などの不要不急の店舗の閉鎖も求めている。

「誰もがニュースを見ているわけではない」とスコット署長は言った。

「それが我々が住民に猶予を与えている理由だ」

しかし、「この公衆衛生命令には従わなければならない」とし、警察は住民に警告しているが、何度も警告を繰り返すつもりはないと話した。

サンフランシスコのベイエリアは、3月17日に施行された屋内退避指示の第3週目に入った。当初は4月7日に期限が切れる予定だったが、5月3日まで延長されている。この期限は最終的にはさらに延期される可能性がある。

この地域でも他の地域でも、自宅で待機して不必要な外出を控えるという命令に住民が従わない事例が見られる。発令後の最初の週末には、屋内で1週間過ごした人々が新鮮な空気を求めて、公園や海岸へ大挙して外出してしまった。結果、その後にドッグパークや遊び場の閉鎖、一部のオープンスペースの駐車場の閉鎖など、より厳しい規則が設けられることになった。

[原文:San Francisco police have begun ticketing people who are violating the shelter-in-place order to contain the coronavirus

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み