BI Daily Newsletter

ウーバー、配車サービスは3月に「94%減」。レストラン登録「10倍増」のウーバーイーツが頼みの綱

ウーバーイーツ

新型コロナウイルス拡散防止のためマスクをしたウーバーイーツの配達員。ウクライナの首都キエフにて撮影。

Pavlo Gonchar/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

  • 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、世界じゅうの人々が移動を制限され、ウーバー(Uber)とリフト(Lyft)の配車サービス事業は深刻な状況に陥っている。
  • データ分析会社スーパーフライ(SuperFly)がユーザー2万人を対象に調査した結果によると、アメリカでのウーバー利用額は4週間で94%減少した。
  • ウーバー、リフト両社ともこの数週間、ビジネスの悪化を防ぐため宅配事業に注力している。

新型コロナウイルスの流行により、世界中の人々が移動を制限され、あるいは自粛せざるを得なくなり、ウーバーとリフトのコアビジネスである配車サービス事業は深刻な状況に陥っている。

匿名加工した消費支出データをトラッキングしているスーパーフライによれば、ウーバーが売り上げを大幅に落としている模様だ。同社がユーザー2万人のデータを分析した結果、アメリカ国内でのウーバーの配車サービス利用金額は4週間で94%減った

ウーバー 売上高 推移

アメリカ国内でウーバーの利用額が急激な落ち込みを見せている。

提供:SuperFly

スーパーフライのデータはもちろんウーバーの公式発表値ではなく網羅的でもないが、3月初めにウーバーが発表したデータよりも現状をよく示していると思われる。データの横軸には2020年初から週ごとに通し番号がふられていて、一番右の「13」は13週目、つまり3月23〜29日の週を指す。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

消費動向指数の推移(前年同月比)

決済データが示す「新型コロナの“日本分断”加速」 ── いま目を向けるべきは何か

  • 森永康平 [ナウキャスト客員エコノミスト・経済アナリスト]
  • Nov. 27, 2020, 07:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み