ロックダウンしないという選択をしたスウェーデン…「基本的な行動規範に忠実なだけで効果はある」

stockholm

首都ストックホルムを歩く人々。2020年4月4日。

Henrik Montgomery/TT News Agency/via REUTERS

  • スウェーデンは、コロナウイルスの蔓延を阻止するためのロックダウンを実施していない。
  • 国は人々に社会的距離をとるように求めたが、店やレストランのような場所を開いたままにしている。これは他のヨーロッパ諸国や世界中の国々が行っている方法ではない。
  • スウェーデンではこれまでにウイルスによって477人が死亡しているが、ステファン・ロベーン首相は、死者が数千人になって、議会がより制限的な措置を取る可能性があると警告している。
  • 一部の専門家はスウェーデンの戦略に疑問を呈していますが、ロベーン首相はそれに対する批判を拒否したようです。 スウェーデンの疫学者は、最善の戦略は単に人々に離れているように求めることだと主張した。

スウェーデンは国際的なトレンドに反して、コロナウイルスの感染拡大を遅らせるための封鎖を実施しなかった。これまでのところ、大規模な集団発生は起こっていないが、患者の急増に備えている。

ヨーロッパの国々が重要ではないビジネスの停止から人々が家を出ないようにという強制的な命令まで、厳格な封鎖モードに移行した中で、スウェーデンはほぼ通常通りの状態を維持した。

スウェーデンは高リスクの人々を保護したが、残りの人々の間でウイルスの感染を遅らせるためのことはあまり行わず、ほとんどの企業、レストラン、バーは営業を続けている

ただし、人々は社会的距離を保つことを推奨され、旅行を避けるように求められている。 集会の人数は、以前の最大500人から50人に制限が強化された。

スウェーデンでは、イタリアやスペインのような他のヨーロッパ諸国のような集団発生は見られていない。しかし、このウイルスを完全に回避したわけではなく、4月7日の朝の時点で、7200人の患者と477人の死者が確認されている。

死者は数千人に増えるかもしれない

4月4日にステファン・ロベーン(Stefan Löfven)首相は、スウェーデンでは他の多くの国よりもコロナウイルスがゆっくりと広がっているかもしれないが、だからといって最悪の影響を避けられるわけではないと警告した。

スウェーデンのステファン・ロベーン首相。

スウェーデンのステファン・ロベーン首相。

Dan Kitwood/Getty

ガーディアンによると、ロベーン首相はスウェーデンのDagens Nyheter紙に対し、「私たちは曲線を平らにしてあまり劇的な経過を辿らないようにする戦略を選んだ。なぜなら、医療システムが対応できないからだ」と述べたという。

「しかしそれはまた、いずれ集中治療を必要とする重症患者が増え、死亡者が増えることを意味します。我が国の死者は数千人を数えるだろう」

スウェーデン議会も今後、交通網の遮断、商店やレストランの閉鎖、市民の集会への新たな制限など、より制限的な措置を導入する可能性があるという。

ストックホルムのバーに集まる人々。

ストックホルムのバーに集まる人々。

Associated Press

しかし、ロベーン首相はスウェーデンの特殊な戦略が間違っているという批判は認めていないようで、「アプローチの違いを劇的に捉えるべきではない」と述べた。

同首相はまた、「我々はやや異なる方法で行っている。それは異なる段階にあるためだ」と述べた。

スウェーデンの疫学者、アンダーステグネル(Anders Tegnell)氏も、自国の戦略を擁護している。

「我々は最も重要な対策を既に講じていると考えている」と、彼は言った。「気分が悪くなったら家にいて、できれば家で仕事をしてほしい。そうやって高齢の市民を確実に保護しなければならない」

「レストランでの外食や旅行、集会など、他のルールを変更することもできる。しかし、誰もが基本的な行動規範に忠実なだけで効果は上がる」

「集団免疫」を構築できるように、ウイルスがほとんどの人々に行き渡ることを計画した以前のイギリスに似ているとして、科学者や保健の専門家の中には、この国の対応に批判的な人もいる。イギリスの計画は、死者が最大25万人になるという予測結果が出た時点で中止された。

[原文:Sweden, which refused to implement a coronavirus lockdown, has so far avoided a mass outbreak. Now it's bracing for a potential surge in deaths.

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み