「需要の高まる仕事トップ15」2020年版。AIスペシャリストが「伸び率74%」で第1位

需要の高まる職種

「需要の高まる仕事」トップ15の多くはエンジニア職で占められた。

Getty Images

リンクトイン(LinkedIn)が毎年発表している「需要の高まる仕事トップ15」の2020年版を公開した。過去5年間で大きな伸びを示し、なおかつ2020年も伸び続けると同社が予測する職種がランク付けされた。

ディープラーニングと機械学習に関する高い専門性を求められる「人工知能(AI)スペシャリスト」の需要は過去5年間で74%増えた。AIスペシャリストの求人が多い都市圏としては、ボストンやサンフランシスコがあげられる。

トップ15の圧倒的多数がエンジニア職で占められた。ただし、カスタマーサクセススペシャリストや最高売上責任者(CRO)といった職種にも需要はある。

【第15位】プロダクトオーナー(伸び率25%)

プロダクトオーナー

University of Exeter/Flickr

必要なスキル:アジャイルメソドロジー、スクラム、プロダクトマネジメント、ソフトウェア・デベロップメント、JIRA(プロジェクト管理ツール)

求人の多い業種:情報テクノロジー、金融、ソフトウェア、保険、医療

求人の多い都市圏:ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ・ベイエリア、シカゴ、アトランタ

【第14位】JavaScriptデベロッパー(伸び率25%)

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み