BI Daily Newsletter

INSIDER PICKS

料理初心者でも簡単に作れる。おすすめレシピ本13選

料理風景

Shutterstock

テレワークで増えた在宅時間。学校の休校や家族の在宅勤務により、3食の料理を余儀なくされている人も多いのではないだろうか。

一方、料理は外出できない時期の楽しみにもなる。「時間のある今、美味しいものを食べたい」「自炊経験ほぼゼロ。たくさんある料理本の中から何を選べばいいのかわからない」……。今回は、自炊初心者でも美味しいご飯が簡単に作れる、おすすめのレシピ本を集めた。

今さら聞けない料理の基本やコツ、忙しいときに助かる作りおき可能なおかずのレシピなど、ぜひ参考にしてほしい。

目次:

1.自炊初心者でもOK。簡単レシピ

2.人気の作りおきレシピ

3.一生もののレシピを手に入れる

4.時間がおいしくするオーブン&煮込み

5.プロに教わる、美味しいおかず&つまみ

1.自炊初心者でもOK。簡単レシピ

テレワーク、新生活などをきっかけに自炊を始めたいと思っている人におすすめなのが、オレンジページによる『ゆる自炊BOOK』。全編に細かいプロセスの写真がついていて、初心者でも手軽に始められる。一つの食材を無駄なく使う、洗い物を減らすといったコツも載っている。

『料理のきほん練習帳』は、定番料理を中心にしたレシピ本。ハンバーグ、豚肉の生姜焼きといったメインになる料理からサイドメニューまで、100の定番レシピが掲載されている。「これまでクックパッドで調べつつ自分流で作ってきたけれど、なぜか美味しくできなかった」という人が改めて料理を始めるときにもぴったりだ。

ジャーナリスト佐々木俊尚さんの『家めしこそ、最高のごちそうである。』は、レシピ本というより家庭料理を“科学”する本。バブルを経て、「家の料理が一番の贅沢」と断言する著者が、食材×味付け×調理法でレシピを紹介する。シンプルで、真似できる工夫がたくさんある。

2.人気の作りおきレシピ

ここ10年で人気が出てきたのが作りおきレシピ本。一日に何度もキッチンに立つのは億劫という人は、作りおきにチャレンジしてみてはいかがだろうか。「難しそう」「手間がかかりそう」というイメージを覆すのが、『やさしい作り置き』。初心者向けに丁寧にプロセスが書いてあり、しかも「味がしみこむので失敗しにくい」のが作りおきのおすすめポイントだ。

予約の取れない伝説の家政婦、タサン志麻さんによる作りおきレシピもある。3時間で10品を作り、片付けまでやるという志麻さんのレシピは、時短でできる工夫がいっぱい。

運動不足でカロリーの摂り過ぎが気になるという人には、やせる作りおきレシピも。合計250万部超えのシリーズ「やせるおかず」の中でも、冷凍保存できるこのレシピは、特に人気がある。

3.一生もののレシピを手に入れる

せっかく作るのなら美味しい料理を。「カレーといえばこれ」「肉料理といえばこれ」というレシピを持っておくと、友人をもてなすときにも楽だ。

『いちばんおいしい家カレーをつくる』は、カレーの達人である水野仁輔さんが、20年以上かけてたどり着いたレシピ。家庭で、普通の材料で簡単に作れる「ファイナルカレー」は、時間のある今だからこそ作ってみたい。

“フードアクティビスト”の名を持つ著者による『大人の肉ドリル』。肉を美味しく調理するコツが科学的根拠を持って示されている。チャーシュー、ローストポーク、鶏ハム……美味しくできると自慢できる、全35のレシピを掲載。

4.時間がおいしくするオーブン&煮込み

煮込みに憧れて購入した鍋。そのままになっていませんか?仕込んで火にかけてしまえば時間が美味しくしてくれる煮込み料理は、時間のある今の時期にぴったり。ワイン煮込み、シチュー、ご馳走スープ……料理雑誌「dancyu」が取材した、人気店や有名料理研究家による保存版レシピはこちらに。

難しく思われがちなのがオーブン料理。そのイメージとは裏腹に、材料を準備してオーブンに入れてしまえば、あとは待つだけという手軽さ。

じっくり焼くことでうまみが引き出され、見栄えも抜群だ。塩豚のハーブグリル、スペアリブのマーマレードグリル、ラムのグリルなど、毎日のおかずにもおもてなしにも使えるレシピは、一度覚えれば一生もののレシピになりそう。

5.プロに教わる、美味しいおかず&つまみ

居酒屋やバーで友人と一杯……が難しい今、脚光を浴びているのがオンライン飲み会。せっかくなら美味しいおつまみと一緒に楽しみたい。

人気料理研究家による『おつまみ横丁 すぐにおいしい酒の肴185』は、ほとんどが10分以内に作れる手軽なレシピばかり。もちろんつまみではなく、おかずとしても美味しくいただける。

『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』は、東京・銀座の名店「ロックフィッシュ」店主でありバーテンダーである間口氏によるレシピだ。切るだけ、混ぜるだけ、火にかけるだけ、という簡単さ。表紙は「カレー粉バナナ」という驚きのつまみ。お店に行かなくても、ロックフィッシュの雰囲気を味わえそう。

人気ブロガー・ツレヅレハナコさんによるつまみレシピ本『女ひとりの夜つまみ』は、野菜、肉、魚、果物といった材料別の酒飲みレシピが66個紹介されている。一人でなくても、女性でなくても、美味しいお酒を楽しみたい人はぜひ。

家にいる時間が長い今こそ、料理にチャレンジするチャンス。この料理本の中から、「一生作り続けたいレシピ」を見つけてみませんか。

注:この記事のリンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

DXで50代営業パーソンの給料が上がる?「人間だけができること」とデジタルを掛け算せよ【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 29, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み