新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

新型コロナ 消毒

中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。「中国の生物兵器」「自作自演」的な陰謀論はなかなか消えない。

Kevin Frayer/Getty Images

新型コロナウイルスに関するデマのなかに、「中国が密かにつくった生物兵器説」があり、陰謀論系サイト経由でそれが拡散されてきたことを、前回記事で説明した。

中国生物兵器説の根拠となっている情報は主にふたつある。

ひとつは、中国・武漢にきわめて高度な病原体研究施設があるということ。それは事実だ。

もうひとつは、新型コロナウイルスが人工ウイルスだとする、インドの研究チームによる論文。しかし、論文は「誤解されて伝わった」ことを理由に取り下げられ、その内容については世界の専門家たちにより否定されたことを、前回記事で書いた。

人工ウイルスでないのなら、誰かがつくった生物兵器でないことにもなる。あらためて中国生物兵器説も否定されたわけだ。

ただ、今回の新型コロナウイルスが本当はどこで発生したのか、その「起源」は具体的に明らかになっていない。そのため、武漢の病原体研究施設について中国が全面的に情報開示しなければ、研究施設で偶然に発生したものが漏洩した可能性を完全否定することはできない。

だが、研究施設からの漏洩を決定づける具体的な情報があるわけではないから、漏洩説は単なる想像にすぎない。また、ウイルスが偶然に変異したとすれば、それが研究施設内で起きた可能性は、自然界で起きた可能性より圧倒的に低い。

陰謀論サイト経由で拡散

科学的根拠のない話をいくら論じてみても仕方のないところだが、それにしても生物兵器説というフェイク情報はなかなか消えてなくならない。なぜなのか。実際にはどんな拡散経路が存在するのか。前回記事よりさらに深掘りしてみたい(細かな陰謀論は無数にあるので割愛する)。

1月半ばから英米メディアなどで浮上してきた生物兵器説の誤謬については、前々回記事ですでに検証した。

次に、冒頭でも紹介したように、短時間公開されたインドの研究チームの論文が人工ウイルス説の根拠として使われた。

具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。

この論文を「隠された真実だ」として、アメリカの陰謀論サイトが大々的に拡散。とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した。ここまでが前回記事で書いたことだ。

「中国人だけに作用する生物兵器」

新型コロナ 電子顕微鏡

米疾病対策センター(CDC)による新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像。

CDC/Hannah A Bullock and Azaibi Tamin/Handout via REUTERS

これらの動きのなかで特徴的だったのは、陰謀論サイトだけではなく、反中国派による政治的プロパガンダにも使われたことだ。

例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。郭文貴氏がこのとき引用したのは、中国の親人民解放軍系民間軍事サイト「西陸網」だった。

西陸網は1月26日に「新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。

ちなみにこのとき、「西陸網は人民解放軍の公式サイトなので、(生物兵器であることを)軍が公式に認めたことになる」とのフェイク情報も同時に拡散されている。

「中国人だけに作用する」などと記していることだけでもフェイクと分かりそうなものだが、こんな子どもだましの言説も、ネット上ではそれなりに広く流布した。

法輪功系メディアも「人工ウイルス」と主張

kuroi_biovirus_horinko

ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。

REUTERS/Shannon Stapleton

その次は、疑似宗教団体「法輪功」が拡散力になった

2月9日、法輪功がアメリカで運営する中国語衛星テレビ「新唐人」が、「新型コロナウイルスは人工ウイルスの可能性が高いことを証明した」という中国人科学者のインタビューを放送した。反中国の法輪功お抱えメディアの情報というだけで一歩引いてみるべきところだが、こちらも日本国内を含む反中勢力に拡散した。

この法輪功のテレビ番組に登場したのは、バイオテクノロジー企業サンリージェン(SunRegen Healthcare AG、スイス)の最高科学責任者(CSO)兼共同創業者、董宇紅氏という感染症研究者。中国出身で、北京大学附属第一医院に勤務した経歴があるという。

董宇紅氏は、前述したインドの研究チームによる誤った査読前論文と、中国科学院パスツール研究所の崔傑研究員の論文を参考にしてインタビューに答えているが、メインは前者だ。

健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。

出典:EBD Group YouTube Channel

また、彼女は同じインタビューのなかで、アメリカの民間研究機関(The Institute for Pure and Applied Knowledge)の創設者であるジェームズ・リヨンズウェイラー氏がインターネット番組(1月30日)で主張した「遺伝子操作の痕跡が見つかった」という説も引用しているが、この主張もすでに専門家によって誤りであることが証明されている。

(参考)リヨンズウェイラー氏の主張の誤りを検証したサイト ▽https://sciencebasedmedicine.org/james-lyons-weiler-coronavirus-conspiracy-vaccine/

https://healthfeedback.org/claimreview/2019-novel-coronavirus-2019-ncov-does-not-contain-pshuttle-sn-sequence-no-evidence-that-virus-is-man-made/

ちなみに、リヨンズウェイラー氏が登場したインターネット番組は、反ワクチン活動(=ワクチンの接種を拒否する運動)でトラブルを起こしたことがある映像プロデューサーのデル・ビッグツリー氏がつくる番組だ。

法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。

なお、董宇紅氏について過去の言動を検索してみたところ、法輪功のメディア「大紀元」のインタビュー記事(2016年6月10日)に登場しており、「法輪功の気功は末期がん患者に延命効果がある」と発言している。つまりはそういう人物だ。

ちなみに「大紀元」はその後、米イリノイ大学のフランシス・ボイル教授が「中国の生物兵器だ」と語ったことも生物兵器説の根拠としている。これは「地政学と帝国」というサイトに投稿されたインタビュー映像(1月30日)を指す。

ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。

米軍の顧問を務めた専門家も「人工ウイルス」と

kuroi_biovirus_FoxTV

FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。証拠はないが」と発言したトム・コットン上院議員(右下)。

Screenshot of Fox Business

さらに、陰謀論系の人工ウイルス説はインターネット上にとどまらず、アメリカ政界にまで波及した。お騒がせ議員として知られる共和党のトム・コットン上院議員がFOXニュース(2月16日)に出演し、「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。証拠はないが」と発言したのだ。

議員発言の直後より、ウイルス研究者たちから異論が噴出した。例えば、ラトガース・ニュージャージー州立大学のリチャード・エブライト教授は「人工的につくられたことを示す痕跡は皆無であり、意図的に開発された生物兵器である可能性は、強く排除できる」と断言した(ワシントン・ポスト、2月18日)。

研究者らの批判に対し、コットン議員は「自分は生物兵器だとは言っていない」と反論。ただ「研究施設から漏れた可能性は否定できない」と主張している。

人工ウイルス説、中国生物兵器説という陰謀論は、その後も語られ続けている。

日本では3月8日頃から、いくつかのメディアに、アメリカの生物兵器専門家の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏が登場し、中国の生物兵器説の可能性に言及した。

杜祖健(アンソニー・トゥー)氏をゲストに迎えたインターネット番組。

出典:林原チャンネル

杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。とくにアメリカの生物兵器対策の実情に詳しい専門家で、筆者の『生物兵器テロ』(ジャーナリスト村上和巳氏との共著、2002年)でも同氏にインタビューを行っている。

杜祖健氏は、すでに世界の専門家たちに否定されている人為的な遺伝子操作という説が「存在する」と言及しているが、それを紹介する日本のメディアでは、彼が人工ウイルス説を主張しているかのように伝えられた。

それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。

複数の情報源を比較して、信頼度の判断を

新型コロナウイルスが人工ウイルスという説は、専門家によってすべて否定されている(文末文献参照)。

否定された情報を丹念に検証してみると、最初からバイアスがかかっていたり、意図的な印象操作だったり、科学レベル的に不足していたりすることが見えてくる。

今回の新型コロナウイルスについては、未知の病原体だったことや、パンデミック(世界的大流行)によりパニック状態に陥ったために、大手メディアも含めて不正確な情報がいくつも飛び交っている。

単一の情報源を鵜呑みにすることなく、さまざまな手法で情報をクロスチェックし、信頼度の低い情報をノイズとして保留または削除していく作業が、今後も重要になってくる。

(参考)人工ウイルス説を完全否定する文献

COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、医療専門家への支持声明」(The Lancet/February 19, 2020)

新型コロナウイルスの近位起源

(Nature Medicine/17 March 2020)

COVID-19集団発生の起源、感染経路、臨床治療法~最新状況

(Military Medical Research/13 March 2020)


黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み