アメリカ民主党が「不可欠な労働者」への給与増額を提案…医療従事者などに年最高270万円

worker

Spencer Platt/Getty Images

  • 看護師や食料品店の従業員などの必要不可欠な労働者は、上院民主党から新たに提案された計画の下で2万5000ドルの「パンデミック増額支払い」を受け取ることになる。
  • 上院議員によると、COVID-19「ヒーローズ・ファンド」は、コロナウイルス関連法案第4段の一部となる。
  • この基金は、医療従事者や在宅ケア従事者、救急隊員など、ウイルスと戦うための労働力を「引き付けて、確保する」ために、1万5000ドルの「採用インセンティブ」も提供する。

上院民主党の新法案が可決されれば、看護師や食料品店の従業員を含む重要な第一線の労働者は、2万5000ドル(約270万円)の昇給が可能になる。

アメリカ上院の民主党議員らは声明を発表し、COVID-19「ヒーローズ・ファンド」を創設し、「重要な労働者たちに報酬を支払い、雇用し、維持する」と述べた。

同ファンドは2020年末までに2万5000ドルの「必要不可欠な第一線の労働者に対するパンデミック割増賃金」を提供する予定で、上院少数党院内総務のチャック・シューマー(Chuck Schumer)は、医師、看護師、食料品店や交通機関の労働者などが対象だと述べた。

これらの必要不可欠な労働者は、通常の賃金に加えて時給13ドル(上限総額は2万5000ドル)を受け取る。年収20万ドル未満の人は全額を受け取ることができ、それ以上の収入の人は上限5000ドルとなる。

同ファンドはまた、コロナウイルスと戦う労働者を「引き付け、確保する」ために、1万5000ドルの一時雇用ボーナスも提供する。「深刻な人出不足」が「COVID-19のパンデミックに対応する能力を妨げ」ている場合に、医療従事者、在宅ケア従事者、救急隊員に応募する人に適用される。

このプランには、郵政公社や運輸保安局などの連邦職員が受け取る際の規定も含まれている。

この計画は、コロナウイルス関連法案の第4弾に含まれることを想定しており、共和党と大統領の賛成が必要となるため、詳細は変更される可能性がある。

ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長(民主党)は、さらなる景気刺激策を支持する姿勢を示し、次の法案の一部として、より多くの直接支払いを行いたいと述べた。

[原文:Essential workers like nurses and grocery-store employees would get a $25,000 raise for working through the pandemic under a new plan from Senate Democrats

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み