ビル・ゲイツ氏、新型コロナウイルスのような感染症の流行は「約20年ごと」に起こるだろうと警告

ビル・ゲイツ

Screenshot/Financial Times

  • マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような感染症の流行が今後「約20年ごとに」起こり得ると人々が認識し始めていると語った。
  • 4月上旬、フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じたゲイツ氏は、COVID-19は「わたしたちが一生のうちに経験するであろう最大の出来事」であり、世界の指導者や政策立案者たちは「きちんと準備できていた場合に払わなければならなかった額より数兆ドル多く払う」ことになったと指摘した。
  • ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのような世界的な公衆衛生上の危機が1年もかからずに3000万人の命を奪う可能性があるとして、何年も前からパンデミックの危険性について警鐘を鳴らしてきた

マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は「わたしたちが一生のうちに経験するであろう最大の出来事」であり、こうした感染症の流行は今後「約20年ごとに」起こり得ると警鐘を鳴らした。

ゲイツ氏は4月2日、世界的な新型コロナウイルスとの戦いについて、フィナンシャル・タイムズのインタビューにスカイプで応じた。

同氏は、世界の指導者や政策立案者たちは「きちんと準備できていた場合に払わなければならなかった額より数兆ドル多く払う」ことになったと指摘した。

「これはわたしたちが一生のうちに経験するであろう最大の出来事だ」とゲイツ氏はフィナンシャル・タイムズに語った。

そして、今回のCOVID-19の流行を受け、未来の政府は「いざという時のための診断法や早期警戒システムなど」を用意しておくようになるだろうという。

「こうした準備をきちんとしておくためのコストは、わたしたちが今、体験していることに比べたら非常に小さなものだ」

「そして今、『世界中で多くの人々が行き来する中、約20年ごとにこうしたことが起こる可能性が十分にある』と人々が認識し始めている。市民は、政府がこれを優先すると期待している」

ゲイツ氏は、今回のパンデミックから得た教訓が次回に向けてよりよい準備をするよう人々を促すだろうと信じているものの、そのコストは高すぎたと嘆いている。

「そこに至るまでに、何兆ドルも要すべきではなかった」

「科学はそこにある。国々は前へ進むだろう」

ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのような世界的な公衆衛生上の危機が1年もかからずに3000万人の命を奪う可能性があるとして、何年も前からパンデミックの危険性について警鐘を鳴らしてきた

2015年には、世界は今にも起こり得るパンデミックに「準備ができていない」とTEDトークで警告した。

「パニックに陥る必要はない…… だが、わたしたちは急ぐ必要がある」とゲイツ氏は2015年に語っていた。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は2020年2月、新型コロナウイルスと戦うため、世界中のワクチン研究や最前線で対応する人々、予防措置、治療に1億ドル(約108億円)を拠出すると発表した

[原文:Bill Gates warns that a coronavirus-like outbreak will probably happen 'every 20 years or so'

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み