BI Daily Newsletter

ビックカメラ「3月売上は昨年比25%減」。家電量販の月次速報に現れた新型ウイルスの影響

ビックカメラ、エディオン、ケーズデンキ

出典:大塚淳史撮影、Shutterstock、ケーズデンキ

家電量販店のビッグカメラ、エディオン、ケーズデンキが2020年3月の月次速報を公表した。

3月の売上高は、新型コロナウイルスの影響が出ているようだ。本来、3月は大学への進学、会社の異動のための需要がある時期だが、上記3社は前年同期と比べて下げた。なお、業界大手のヤマダ電機やヨドバシカメラは、月次速報を公表していない。

ビックカメラ:コロナ休業が直撃、ビック単体では3月売上25%減

IMG_20200402_142100-1

東京・秋葉原にあるビックカメラ。4月2日撮影。

撮影:大塚淳史

ビックカメラは傘下のコジマを含め、3月の売上高の前年同期比80.9%だった。同社は公式リリースで、「新型コロナウイルスによる影響が拡大し、首都圏を中心とする当社グループにおいては営業時間の短縮や休館、またインバウンドの激減などにより実店舗の販売が大きく落ち込みました。また、曜日まわりによるマイナス影響もありました」と新型コロナウイルスの影響を受けたとした。

品目別の売上高前年同期比は、音響映像商品が69.3%、家庭電化商品が73.1%、情報通信機器商品が88.5%、その他商品が71.2%だった。

bic_monthly

ビックカメラは新型コロナウイルスの影響による週末の休業やインバウンド客の激減が大きくあらわれた。特に、都市部を中心に展開するビックカメラ単体では昨年比75.8%という大幅な落ち込みだった。

出典:ビックカメラ月次売上速報

「テレワーク需要がけん引したパソコン周辺機器や人気シリーズの最新作の発売があったゲームの販売が前年を上回りましたが、このほかの商品は全て低調でした」(公式リリースより)

具体的商品名は上げてないが、テレワーク用のウェブカメラやイヤホンマイクや、ゲーム機ニンテンドースイッチと3月20日に発売されたニンテンドースイッチのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」が大きく影響したとみられる。

IMG_20200320_154929

3月20日、首都圏の大手家電量販のゲームコーナーでは、ニンテンドースイッチの売り切れや、「あつまれ どうぶつの森」の新作セットの売り切れなどを伝える張り紙が出ていた。

撮影:大塚淳史

ケーズデンキ:消費増税後も伸びたテレビとPCの勢い落ちる

ケーズデンキ

ケーズホールディングス月次速報より

一方、ケーズデンキの3月の売上高は前年同期比は93.3%だった。

同社が公表している品種別では、テレビが同105.2%、パソコン・情報機器が100.8%、冷蔵庫が89.1%、洗濯機が94%、クリーナーが102.6%、調理家電が95.5%、美理容・健康器具が92.4%、エアコンが87.8%となっている。

ケーズデンキ各店は、2019年10月からの消費税10%への増税の影響で、駆け込み需要とみられる8月、9月は前年同期比を上回っている。その一方で、10月以降は反動で大半のカテゴリーで大きく下回っている店舗が多かった。

その中でテレビとパソコン・情報機器だけが増税した10月をのぞいて前年同期比を上回ってきていたが、3月の結果は(対前年比増とはいえ)、その勢いが落ち込んでいるように見える。

新型コロナウイルスの影響がどの程度及ぶのか、4月以降の推移が気になるところだ。

エディオン:10月以降続く不調傾向が継続

エディオン

Shutterstock


edion_monthly

エディオンの3月の売上高前年同期比は87.3%。消費増税直前の駆け込み需要で8月9月は好調だったが、10月以降、前年比を下回る状況はほぼ継続している。なお、カテゴリー別の月次売り上げは発表していない。

IMG_20200125_173121

緊急事態宣言後の外出自粛の広がりのなかで、街から人が減ったこと、時短営業による家電量販店の売り上げへの影響はどの程度になるのか。4月以降の推移は注視が必要だ。写真は、大阪・梅田にあるヨドバシカメラ。

撮影:大塚淳史

緊急事態宣言以降、全国の家電量販店の多くで時間短縮営業、臨時休業が進んでいる。4月は3月以上に厳しい数字となるかもしれない。

(文・大塚淳史)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み