BI Daily Newsletter

【森本千賀子】「ベンチャーのCxO」転身に必要なステップは? 甘くない大企業からの転職、並外れた努力と年収ダウンも覚悟

森本千賀子

撮影:鈴木愛子

Business Insider Japan読者にも多い「30代」は、その後のキャリアを決定づける大切な時期。幸せなキャリアを歩むためには、転職にまつわる古い“常識”にとらわれず、刻々と変化する転職市場のトレンドをアップデートすることが大切です。

この連載では、3万人超の転職希望者と接点を持ってきた“カリスマ転職エージェント”森本千賀子さんに、ぜひ知っておきたいポイントを教えていただきます。

今回は、読者の方からお寄せいただいたご相談にお答えします。テーマは「ベンチャー企業のCxOのポジションを目指すなら、どんな経験を積めばいいか」。

質問

大手で経験を積んでいればベンチャーに歓迎される?

CEO(最高経営責任者)、COO(最高執行責任者)などの役職名は広く浸透していますが、近年は「最高○○責任者」の○○部分の細分化が進んでいます。○○部分=「x」とし、「CxO」と総称されます。

CxOには、COO(最高執行責任者)、CSO(最高経営戦略責任者)、CFO(最高財務責任者)、CMO(最高マーケティング責任者)、CHRO(最高人事責任者)、CIO(最高情報責任者)……など、多様な種類があります。いずれもその分野のプロフェッショナルとして、経営のかじ取りを担います。

最近、Aさんと同様、20~30代の皆さんから「ベンチャーのCxOを目指したい」というご相談が増えています。

そこで今回は、ベンチャーのCxOポジションに近づくために、どんな経験を積んでいくのが有効かをお伝えしましょう。

ベンチャー企業の経営者

自由な雰囲気、フラットな組織、頼れる仲間……。「大企業からいずれベンチャーへ転身を」と希望する人は多い。

recep-bg/Getty Images

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み