アップルの新型「iPhone SE」徹底比較…iPhone 11や8、XRとの違いを知る

iPhone SE(第2世代)

アップルが4月16日に発表した「iPhone SE(第2世代)」。現行機種や旧SEとの違いをスペック表で比較してみよう。

出典:アップル

アップルは4月16日(日本時間)、新型スマートフォン「iPhone SE(第2世代)」を発表した。4月17日21時から予約開始、24日から出荷開始予定。

既報のとおり、第2世代SEの最大の特徴は、「iPhone 11」世代のハードウェアを採用しながらも、4万4800円(税別)からというお手頃な価格設定という点だ。

併売されているiPhone XRや11といった機種とSE(第1世代)や8、7などの歴代のロングセラー製品とのスペックを比較を行ってみた。

中価格帯の併売モデルで選ぶなら「11か第2世代SE」

2020年版 中価格帯iPhone 新旧比較

(表をクリックすると大きな画像で表示します)

作成:Business Insider Japan

最新シリーズのiPhoneのハイエンド機種は「iPhone 11 Pro/Pro Max」であり、第2世代SEは「中価格帯」と表現できる。“Pro以下”のモデルだと、XRや11といったモデルも直販ストアでは併売されている。

iPhone 11と第2世代SEの共通点(そして比較すべき最大のポイント)はチップセット(SoC)だ。どちらも11 Proと同等の「A13 Bionic」を搭載している。処理の重たい最新のゲームなどもスムーズに動く。

カメラ比較

カメラについてはハードウェア的な違いが大きい。

出典:アップル

一方、大きな違いは「大きさ」と「カメラ」だ。

大きさに関しては、第2世代SEが、幅で8.4ミリ、厚さで1mm、高さで12.5mm、11/XRよりは小さい。ディスプレイもその分4.7インチと小さいからだ。

ただし、画面密度はどのモデルも326ppiと変わらないので、極端な解像度の低さは感じないだろう。

カメラについて、第2世代SEの背面カメラは、11よりXR寄りであることがわかる。11は広角・超広角という2種類のレンズを搭載しているが、第2世代SEとXRは広角仕様のシングルレンズにとどまる(ただし、スマートHDRなどの画像処理についてはチップセットが同じだから、11寄りともいえる)。

まずは予算ありきの判断になるだろうが、現行モデルとはいえXRはどちらにしても中途半端な立ち位置になる。もし今から購入するなら、価格を重視するなら第2世代SE、カメラをより楽しみたいなら11といえる。

これから長く使うなら最新チップセットの製品を選びたい

iPhone SE/8/7 比較

(表をクリックすると大きな画像で表示します)

作成:Business Insider Japan

続いて、第2世代SEと、8/7/初代SEを比較してみる。すでにどの製品もアップル直販サイトでは販売されていないが、通信キャリアや格安SIMを提供しているMVNOのショップでは8と7をまだ取り扱っていることから、どれを選ぶべきか迷う場面はあるだろう。

結論から言えば、8や7と迷うのであれば、第2世代SEを買った方がいい。最新のWi-Fi規格(Wi-Fi 6)、eSIMなどの機能は用途によっては使わないかもしれないが、最新チップセットを搭載している点は「今後、2〜3年は安心して使える」という観点で重視しておきたいポイントだ。

価格もiPhone SE 第2世代(64GB)が4万9280円(税込、アップル直販価格)に対し、iPhone 7(32GB)が4万3560円、iPhone 8(64GB)が5万8520円(いずれも税込、ドコモ直販価格)と、どう考えても第2世代SEがお買い得だ。

「SE愛好家」はどうすればいいか

iPhone SE(第1世代)

iPhone SE(第1世代)が選ばれてきた最大の理由は、そのサイズ感だ。

出典:アップル

ちなみに、前述の比較表には第1世代SEをあえて入れているが、見比べると第2世代SEでは相当な大型化(ディスプレイで4インチ→4.7インチ)が行われており、これまで「小さいからSEを選んでいた」というユーザーからすれば、移行に躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。

国内で発売されているAndroidスマートフォンを見ても、極端に小さい端末は存在するものの、いま第1世代SEに近いサイズ感のモデルはほとんどない。

第1世代SEは最新のiOS 13に対応しているとはいえ、すでに4年前の機種であることは間違いない。そろそろサイズアップを含めた機種変更の検討が必要で、その際「サイズ感のお試し」ということであれば、第2世代SEが選択肢に入ってくるのではないだろうか。

(文・小林 優多郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み