現金10万円の給付申請は「郵送、オンライン」で。安倍首相が表明

記者会見した安倍晋三首相(2020年4月17日)

記者会見した安倍晋三首相(2020年4月17日)

REUTERS

安倍晋三首相は4月17日午後6時から記者会見を開き、緊急事態宣言を全国に拡大した経緯について説明した。この中で国民1人あたりに10万円を給付することを発表。給付申請の手続きについては市町村の窓口ではなく、郵送やオンラインで実施する考えを表明した。

政府は当初、所得制限を設けた上で対象者に現金30万円を給付する方針だったが、連立与党を組む公明党からの強い要請などを受けて、全国民への一律給付へと方針を変更。補正予算案を組み替える異例の対応をとることになった。

給付方式をめぐる政治的な混乱について、安倍首相は「もっと早く判断しておけばよかった」「私自身の責任であり、国民の皆さまにお詫びを申し上げたい」と謝罪した。

(文・吉川慧)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み