無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


社員30人参加「オンライン飲み会」が最高になった5つのコツ【Zoom・Meet対応】

オンライン飲み会

「声が被って話しづらい…」「沈黙が気まずい…」オンライン飲みにも悩みは付きもの。盛り上がるために必要なコツは?(写真はイメージです)

画像:小林優多郎

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてついに全国的に緊急事態宣言が発令され、リモート勤務が強く推奨される日々。「職場のみんなで打ち上げ!」という光景も、もはや懐かしいものになりつつある。

そこで最近、しばしば取り上げられるようになったのが、Zoomなどを使った「オンライン飲み会」。

社員の自宅の様子が映ったり、家族やペットが乱入してきたり、普通の飲み会とは一味違う楽しさがある一方で、実際にやってみると「結構難しい」と感じる人も多いのではないか。2〜3人のしっぽりした会なら大した問題もないが、大人数になると難しさがよくわかる。

先日、都内のITスタートアップに務める筆者の職場(3月初めから全社リモート体制に入っている)でも、全社横断のオンライン飲み会が開催された。有志30人ほどが参加し、「会場」はグーグルの法人向けビデオ会議サービス「Google Meet」。

この会、多くの人が参加しながらも、これまでと違ってまったく「やりづらさ」がなく、2時間たっぷり楽しむことができた。

それはなぜか。会の中に散りばめられていた、「大人数がオンラインで楽しむコツ」を、5つのポイントに分けて紹介したい。

(1)タイムテーブル必須! 幹事の準備が大事

オンライン飲み会の難点のひとつは、「だらだら続いて終わりづらい」こと。そこで肝となるのが、きちんと幹事を立てて、事前にタイムテーブルを用意しておくことだ。最初の乾杯から締めまで、時間割がはっきりしていることで、途中参加もしやすくなる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み