渋谷の老舗バー、遅すぎるコロナ補償に悲痛な叫び「3月末で全てガラッと変わってしまった」

林さんは「4月の売上げはゼロ。それでも月末には支払いがやってくる。どうすればいいのか…」。コロナショックへの心境を吐露する。

林さんは「4月の売り上げはゼロ。それでも月末には支払いがやってくる。どうすればいいのか……」と、コロナショックへの焦りを吐露する。

撮影:今村拓馬

東京・渋谷で23年間、バーカウンターから人と街を見続けてきたワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主、林伸次さん。新型コロナウイルスの影響で、店は休業を余儀なくされた。

リーマン・ショック、東日本大震災による経営危機を乗り切ってきた林さんも、今回のコロナショックはこれまでと全く違うタイプの不況だと焦りを隠さない。

「4月の売り上げはゼロ。それでも月末には支払いがやってくる。どうすればいいのか……」

経営者として、スピード感に欠ける行政の支援策にも歯がゆさを募らせる。

東京商工リサーチによると、新型コロナ関連の経営破たんは全国で78件(4月21日現在)。政府は4月の月例経済報告で、景気について「急速に悪化しており、極めて厳しい状況」との判断を示し、11年ぶりに「悪化」を用いた。都内でも老舗弁当屋やフレンチ料理店、バーが廃業を決めたとのニュースが相次いでいる。

このままでは私たちの愛する店が姿を消し、街の灯が消えてしまうかもしれない。この先、街の景色はどうなってしまうのか。いま、どんな助けが必要なのか。酒とボサノヴァを愛し、渋谷を見守ってきたバーテンダーの叫びを聞いてほしい。(聞き手:吉川慧)

「奥渋谷の老舗バー」が休業を決断するまでの日々

林さんが経営するbar bossaは、緊急事態宣言の前から営業を自粛。看板には休業を伝える張り紙が貼られている。

林さんが経営するbar bossaは、緊急事態宣言の前から営業を自粛。看板には休業を伝える張り紙が貼られている。

撮影:今村拓馬

銀座や浅草でインバウンド観光客が少なくなっているという報道が目立ち始めた、2月の後半ごろでしょうか。街の空気から「このままだと街もお店も危ないかもしれない」と感じました。渋谷でも外国人や観光客の姿が少なくなっていましたから。

この時点では、まだお店の営業にはさほど影響はなかったんです。うちのようなお店は常連さんが多いので。でも、3.11の経験から、飲食店が立ち行かなくなる前にできることをまとめて、まずはcakesでコラムを書きました

3月中ごろまでは常連さんもたくさんいらっしゃってくださいました。リーマン・ショックのときもそうでしたが、「大変なときだからこそ」と。お客さまの間では「経済回そう」が合言葉になっていましたね。

それが3月後半になると、ガラッと状況が変わります。まず精神的に大きかったのが、3月29日にコメディアンの志村けんさんが亡くなったことでした。

志村けんさんの死去は、日本中に衝撃を与えた。そして、新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて人々に認識させた。

志村けんさんの死去は、日本中に衝撃を与えた。そして、新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて人々に認識させた。

出典:YouTube/イザワオフィス公式YouTubeチャンネル

誰もが知っている有名な方が亡くなったことで、今回の新型コロナウイルスの恐怖というものをみんなが身近に感じるきっかけになったと思います。街でも「コロナは本当に危ない病気なんだ……」と自覚し始めたという話を聞きました。

翌日(3月30日)の夜には、小池百合子都知事が緊急の記者会見を開いて、夜間の外出自粛を呼びかけられましたよね。このときバーやナイトクラブが疑わしい感染場所の事例として名指しされました。

「報告によりますと感染経路が不明な症例のうち夜間から早朝にかけて営業しているバー、そしてナイトクラブ、酒場など接客を伴います飲食業の場で感染したと疑われる事例が多発している」(小池知事:3月30日、記者会見で

この日から、お店にはパッタリとお客様がいらっしゃらなくなりました。その週の週末(4月4日)からお店はずっと閉めています。

月末の支払いまで1週間しかない「家賃だけでも補償を…」

店内にはボサノヴァの中心に数々のレコードが飾られている。暖かな照明は、これまでたくさんの客を優しく包み込んできた。

店内にはボサノヴァを中心に数々のレコードが飾られている。暖かな照明は、これまでたくさんの客を優しく包み込んできた。

撮影:今村拓馬

うちの店は「緊急事態宣言」(4月7日)の前に一時閉業を決めましたが、周りの経営者の間ではお店をどうしようかと悩んでいる方たちが今もたくさんいます。とにかく一番いま困っているのは、月末の支払いです。

お店を閉めても家賃はかかります。特に都心のお店は家賃が高く、月100万〜200万円ぐらいするところもある。仕入れ代の支払いもそうです。飲食店は「掛売り」でまとめ買いしているところが多く、先月の仕入れ代の支払いが今月末にあります。支払いまであと1週間しかないんです。

例えばレストランであれば家賃100万、材料の支払いが200万、スタッフが5人いたら150万とざっとひと月で500万円のコストがかかります。当月の売り上げがほとんどなかったら、頭抱えちゃいますよね。

うちもいま、大家さんと家賃の交渉をしています。でも、こればかりは物件のオーナーさんの意向次第ですよね。

大きな商業ビルのテナントさん、例えばLUMINEでは売り上げにかかわらず支払う「最低保証賃料」について、3月分は半額になりました。こういう動きを国全体でやってもらえるといいのですが……。

福岡市では休業店舗への家賃支援が検討されていますが、これを他の地域でもやっていただけたら……。「向こう数カ月の家賃だけでもなんとかしてくれたら本当に助かる」というお店はとても多いんです。

スピードに欠ける支援策「今すぐ給付金がほしいのに……」

バーカウンターには様々な酒のボトルが並ぶ。このボトルの封が次に開くのはいつになるのだろうか。

バーカウンターにはさまざまな酒のボトルが並ぶ。このボトルの封が次に開くのはいつになるのだろうか。

撮影:今村拓馬

給付金や支給金の制度もありますが、分かりにくいし、条件が厳しい。給付も遅い。

国も、法人200万円、個人事業者100万円の「持続化給付金」を出すと表明していますが、まだ制度は始まっていません。しかも「昨年同月比で売上50%未満」じゃないともらえないんです。

例えばうちのバーのように、「お店を支えよう」と3月にお客さまが来てくれたお店の場合、4月の売り上げが確定しないと申し込めません。でも、今月末には家賃や仕入れ代の支払いがどっさりとやってきてしまう。

東京都も、営業を自粛したお店に50万円(2事業所以上の事業者は100万円)の協力金を支給してくれますが、支給は5月に入ってからだと言われました。

現金が少ない状態で、支援金は申し込めない。でも、請求書はやってくる。いまはプールしてある事業資金から持ち出し、なんとか支払うことにしていますが、このままなら2カ月でつぶれてしまいます。

林さんはcakesでの連載やSNSのほか、経営に関する著作も発表。飲食店の経営者として様々な発信を続けてきた。

林さんはcakesでの連載やSNSのほか、経営に関する著作も発表。飲食店の経営者としてさまざまな発信を続けてきた。

撮影:今村拓馬

「支援金」や「保証制度」もありますが、これらは全て「借金」になってしまいます。申し込みから、手元にお金が入ってくるまでにも時間がかかってしまう。国税の猶予制度などもありますが、それらもあくまで「猶予」であり、「免除」ではありません。

営業再開後に借金を返したり、待ってもらった税金を支払えるだろうかと、経営者は不安を抱えています。どっちみち借金になるならと、もう廃業を決めたお店も出てきました。

「テイクアウトもデリバリーも、根本的な解決策ではない」

もちろん、できることから始めようとランチのテイクアウトやデリバリーを始めたお店もあります。

でも、都心のど真ん中であればあるほど、経営に困っていると聞きます。商業地域はもともと住んでいる人が少ないですから。需要がそれほどありません。むしろ、三軒茶屋や吉祥寺など、住宅が多いところは需要が多いと聞きました。

営業再開後に使えるクーポン券を販売するお店もありますが、これもあくまで売り上げの前借りと同じなんですよね。

家賃が払えるほどの金にはならないですし、一度やってしまうと、営業再開後の売り上げが見込めない心配があります。結局、根本的な解決策にはならないんです。

「安心して休業できる補償制度を」

飲食店経営者の間では「国は『補償で破たんするのが怖いから潰れるところは潰れても仕方がない』ぐらいに考えているのではーー。飲食店の経営者の間ではそんな空気も漂っています」と語る。

飲食店経営者の間では「国は『補償で破綻するのが怖いから潰れるところは潰れても仕方がない』ぐらいに考えているのでは ——。飲食店の経営者の間ではそんな空気も漂っています」と語る。

撮影:今村拓馬

今回のコロナ禍はいつまで続くか先行きが全く見通せません。仮に収まったとしても、すぐに客足が戻るとは考えにくい。

私たちのようなバーだけでなく、夜の街のお店、例えばキャバクラや風俗店で働く方たちも本当に困っている。お店で働いている方たちにとって「休業するので、しばらく来ないでください」と言われるのは、事実上のクビに近いんです。

飲食や夜の街で働く人々が、安心して休める環境を用意してほしいですね。

国は「補償で破綻するのが怖いから潰れるところは潰れても仕方がない」ぐらいに考えているのでは ——。飲食店の経営者の間ではそんな空気も漂っています。

リーマン・ショック、3.11との違い「来店を促せないのがつらい」

林さんが経営するbar bossaは、緊急事態宣言の前から営業を自粛。看板には休業を伝える張り紙が貼られている。が渋谷・宇田川町にオープンしたのは1997年。以来23年間、林さんは渋谷の街と人を見続けてきた。

林さんが経営するbar bossaは、緊急事態宣言の前から営業を自粛。看板には休業を伝える張り紙が貼られている。渋谷・宇田川町にオープンしたのは1997年。以来23年間、林さんは渋谷の街と人を見続けてきた。

撮影:今村拓馬

渋谷・宇田川町にbar bossaを開いたのは1997年のこと。今年で23年になります。過去にも渋谷を不景気が襲い、街の灯が消えかけたことがありました。

まずリーマン・ショックですね。当時は経費で飲まれるお客さんがいなくなって、街には「飲み放題3000円」「全品280円」を掲げる激安の居酒屋さんが増えました。うちのようなバーは価格では太刀打ちできません。

3.11のときも計画停電もあり、渋谷からネオンが消えました。うちも営業時間を短縮せざるを得ない状況でした。

それでも、お店を支えようと言ってくださる常連のお客さんがいらしてくれた。当時はもうインターネットが普及していたので、ブログで宣伝してくださるアーティストのお客様がいたり……。

SNSで常連さんが経営が厳しいことを伝えてくれて、たくさんのお客様に来ていただけたのも救いでした。

店内にかかっていたのは名曲「イパネマの娘」。ここではレコードならではの温かい音色でボサノヴァが楽しめる。音楽が好きの常連も多い。

店内にかかっていたのは名曲「イパネマの娘」。ここではレコードならではの温かい音色でボサノヴァが楽しめる。音楽が好きの常連も多い。

撮影:今村拓馬

常連さんが支えてくださる僕らのような個人店は、コミュニティがあることが強さでもあります。

ただ、今回は過去とは大きく違う。そもそも「お店に来てください」「みんなでお店に行こう」と呼びかけることができない。それが一番つらいですね。

中には、営業している飲食店に対して「この店はまだやっている、けしからん」と誹謗中傷をする動きも出始めています。監視社会になっていくような、同調圧力の恐怖というものを感じます。

都の自粛の要請対象にも、心情的に引っかかるところがあります。たとえば、うちのようなバーは「営業休止」を要請されますが、居酒屋は夜8時までならOK、カフェや喫茶店は自粛の対象外になっています。

そこまで違いがない同じ飲食業者なのに、事実上休業を強いられるお店とそうではないお店が出てきています。これがいつまで続くかわかりません。でも、このままでは「不要不急」という言葉で片付けられてしまった場所がどんどん潰れていきます。

コロナは「街の景色」と「夜遊びのあり方」を変える

林さんは、今回のコロナ禍で「街の姿」と「夜遊びのあり方」が変わるのではないかと指摘する。

林さんは、今回のコロナ禍で「街の姿」と「夜遊びのあり方」が変わるのではないかと指摘する。

撮影:今村拓馬

今回のコロナ禍は、「夜遊び」のあり方そのものを変えてしまうのではないか……という気もしています。

2000年代から、バーで格好をつけてお酒を飲むような空気は終わりつつあるのかもしれないと気づいていました。それがリーマン・ショックや震災以降に決定的になりました。

昭和から引き継いだバブルの残り香のような雰囲気で、高級なシャンパンやワインを楽しむよりも、ラフな格好でハイボールなどを楽しむ飾らない空気感が好まれてきました。

そもそもお酒を召し上がらない方も増えていますし、ノンアルコールの需要も増えています。タバコを吸われない方も増え、うちも店内を禁煙にしました。

お客さんの層も、かつてはマスコミや広告業界、ミュージシャンやファッション業界の方が多かったですが、最近はIT企業に関係する方たちが増えました。

これも時代の要請かと思っていましたが、そこへきて今回のコロナ騒動です。

店内の黒板には、オススメのシャンパンやワインのリストが記されていた。

店内の黒板には、オススメのシャンパンやワインのリストが記されていた。

撮影:今村拓馬

リーマン・ショックや3.11の頃とは違い、そもそも「夜の街でお酒を飲む」という習慣そのものが悪いことになってしまった。「夜遊び」という文化自体が消えていくのではないかという気もしています。

そうなれば自粛期間が終わっても、街にお金を落とす人が減ってしまいます。お店は人と人が交わる「場」です。人々の交流、経済活動が街を形作ります。その動きが消えてしまうのではないか。そんな思いがよぎります。

資本的な体力がない個人のお店は、もろに影響を受けてしまうでしょう。業界団体がないところは、政治に補償を求めるロビーイングもできません。そういう見過ごされがちな業種もたくさんあります。

ST_bi_702

撮影:竹井俊晴

一方で、飲食業界の商習慣が変わるターニングポイントになるような気もしています。ここ数年で増えた「飲み放題コース3000円」などを売りにする激安の居酒屋さんが街から姿を消すかもしれません。

日本の飲食店は、粗利の高いお酒で儲けて食べ物を安くという形が定着していますが、大人数の宴会で、原価の安い飲み物や食べ物を提供するスタイルは、コロナの時代には好まれなくなりそうです。

もしかしたら、料理の価値を考えて正当な価格が付され、シェフへの尊敬につながるきっかけになるのかもしれないなとも思います。

コロナ後に残るのは、熱心なファンがついているお店だけになるかもしれません。ただ、いまを乗り切るためにも、少なくともこれからの数カ月を生き残らなければならない。これが半年続いたら、どんなお店だって潰れていきます。

そんなことを渋谷の街を眺めながら思っています。コロナが収まったあと、街の景色は一変するかもしれません。

なくなったものは、二度と帰ってきませんから。


林伸次:1969年生まれ。徳島県出身。渋谷のワインバー『bar bossa』の店主。中古レコード店、ブラジリアン・レストラン、ショット・バーで働いた後、1997年に同店をオープン。選曲CDやCDライナーとしての執筆を多数持つ。また、クリエイターと読者をつなぐサイトcakesで連載している「ワイングラスのむこう側」が累計アクセス数歴代1位になるなど著述業でも活躍。著作に『なぜ、あの飲食店にお客が集まるのか』(旭屋出版)など。現在、メディアプラットフォームnoteで「bar bossa林伸次の毎日更新表では書けない話と日記」を毎日更新中。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み