BI Daily Newsletter

テスラの取締役に日本の元年金運用責任者…1年半続いた取締役会の混乱に終止符

テスラが日本人を取締役に

アメリカのシンクタンク、ミルケン研究所の第22回グローバル・セミナーで講演する水野弘道氏。2019年5月1日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで。

Mike Blake/Reuters

  • テスラは4月23日、日本の投資家、水野弘道氏を取締役に任命すると発表した。
  • 水野氏は最近まで、日本の年金積立金管理運用の投資責任者を務めていた。
  • 同氏が取締役に就任したことで、テスラの取締役会は1年半にわたる混乱に終止符を打つことになるかもしれない。

テスラ(Tesla)は、日本の投資家、水野弘道氏が取締役会に加わることを4月23日の規制当局への提出書類で公表した。同社の取締役会は18カ月に及ぶ騒動に終止符を打てるかもしれない。

水野氏は最近まで、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の最高投資責任者を務めていた。同法人の運用規模は160兆円以上で、約8億7400万ドル(約950億円)相当のテスラ株も保有している。それまで水野氏はニューヨーク、サンフランシスコなどで金融関係の職に就いていた。

テスラはブログ投稿で「持続可能なエネルギーへの移行を加速させるという我々のミッションに水野氏が加わったことをうれしく思う」と述べた。テスラの株価は発表当日の時間外取引では、ほとんど変動しなかった。

テスラの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスク(Elon Musk)氏が株式非公開化に言及したツイートを巡ってアメリカの規制当局と法廷闘争を繰り広げて以来、大きな変化が起きている同社取締役会にとって、水野氏の就任はさらなる変化を意味する。テスラはアメリカ証券取引委員会(SEC)との和解の条件として、和解金に加えて、マスク氏の会長退任と2人の社外取締役を新たに加えることで合意していた。

まず、オーストラリアの通信企業幹部であるロビン・デンホルム(Robyn Denholm)氏が、4000万ドルの和解金支払いから2カ月後の2018年11月に会長に就任した。その後、オラクルのラリー・エリソン(Larry Ellison)氏とWalgreens幹部のキャスリーン・ウィルソン-トンプソン(Kathleen Wilson-Thompson)氏が2018年12月に取締役に就任した

その他に4人の取締役が去り、2020年の取締役会は7人になった。同社は取締役会が少人数となったことで「取締役会の新しいアイデア、専門知識、経験を維持しながら、より迅速かつ効率的に業務を遂行する」ことができると述べていた。

[原文:Tesla just added the chief investment officer of Japan's $1.5 trillion government pension fund to its board of directors (TSLA)

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み