無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


絶好調のZoom「キャパシティ不足問題」が一挙に解決した理由。提携したオラクルが得た“果実”とは

prime_zoom_oracle_screen

世界中の家庭から企業までさまざまなシーンで使われるようになったZoomアプリ。デイリーアクティブユーザー(DAU)は3億を超えた。

Lindsey Wasson/Getty Images

  • オラクル(Oracle)のクレイ・マグアーク執行役副社長は、ズーム(Zoom)が利用者増に応じてコンピューティング能力を拡張する必要に迫られていることを受け、同社とクラウド分野で提携したと明らかにした。
  • マグアーク氏はズームとの提携の担当責任者。 提携はわずか数週間で成立したという。
  • シリコンバレーを代表する法人向けコンピューティングの巨大企業と、爆発的な急成長を遂げたビデオ会議システムのスタートアップの提携は、業界地図を一変させる影響をもたらす。
  • ズームの創業者兼最高経営責任者(CEO)エリック・ユアンは、「AWSもオラクルも、こちらから頼む前にサーバー料金をディスカウントしてくれた」とBusiness Insiderの取材に答えている。

新型コロナウイルスによる危機が深刻度を増しつつあった3月、ズームはオラクルに助けを求めた。世界中で突如としてリモートワークへのシフトが起き、トラフィックが急増した。ズームに限らず、ビデオ会議サービスを展開する各社は、コンピューティング能力を急きょ拡大する必要に迫られていた。

オラクルのクレイ・マグアーク執行役員副社長(エンジニアリング・クラウドインフラ担当)はBusiness Insiderの取材にこう語った。

「ズームから手を貸してほしいと連絡がありました。われわれオラクルも『おお、素晴らしい!一緒に仕事ができるなんて』と応じ、その日にもズーム向けアプリケーションを立ち上げたわけです」

この新たな提携で、マグアークはオラクル側の担当責任者を務めた。世界的なコンピューティング企業である同社とビデオ会議を一気に普及させたホットなスタートアップの提携は、わずか数週間で劇的な成果をあげた。

マグアークによれば、世界に14万人の従業員を抱えるオラクルは、今回の提携以前からズームにとってトップクライアントの1社だった。

「オラクルは社内でズームを使っていました。逆に、ズームは今回の提携前まで、オラクルのクラウドを使っていなかったのです」

ズームは、オラクルのクラウドビジネスにおける競合相手で現在トップシェアを誇るアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のユーザーだった。米証券取引委員会(SEC)に最近提出した書類によれば、マイクロソフトのアジュール(Azure)と自社運営のデータセンターも併用している。

ズームの広報担当者は「引き続きAWSもアジュールも利用していく。オラクルとの提携は、追加のキャパシティ(容量・能力)を確保するためだ。アマゾン、マイクロソフトとの提携と同様、オラクルとの関係も継続的なものとなる」と説明してくれた。また、オラクルとの提携は約6週間前(3月中旬)だったことも明かした。

金融サービス大手DAデビッドソンのアナリスト、リシ・ジャルリアは今回の提携を次のように分析する。

「ズームがクラウドインフラのプロバイダを多様化するチャンスでもあります。各社を競わせ、有利な条件を引き出すために、この提携を使えるでしょう。同時に、もし1社のクラウドで問題が発生したとき、他のプロバイダのサービスでバックアップできることは、安全性を大きく高めることになります」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み