絶好調のZoom「キャパシティ不足問題」が一挙に解決した理由。提携したオラクルが得た“果実”とは

prime_zoom_oracle_screen

世界中の家庭から企業までさまざまなシーンで使われるようになったZoomアプリ。デイリーアクティブユーザー(DAU)は3億を超えた。

Lindsey Wasson/Getty Images

  • オラクル(Oracle)のクレイ・マグアーク執行役副社長は、ズーム(Zoom)が利用者増に応じてコンピューティング能力を拡張する必要に迫られていることを受け、同社とクラウド分野で提携したと明らかにした。
  • マグアーク氏はズームとの提携の担当責任者。 提携はわずか数週間で成立したという。
  • シリコンバレーを代表する法人向けコンピューティングの巨大企業と、爆発的な急成長を遂げたビデオ会議システムのスタートアップの提携は、業界地図を一変させる影響をもたらす。
  • ズームの創業者兼最高経営責任者(CEO)エリック・ユアンは、「AWSもオラクルも、こちらから頼む前にサーバー料金をディスカウントしてくれた」とBusiness Insiderの取材に答えている。

新型コロナウイルスによる危機が深刻度を増しつつあった3月、ズームはオラクルに助けを求めた。世界中で突如としてリモートワークへのシフトが起き、トラフィックが急増した。ズームに限らず、ビデオ会議サービスを展開する各社は、コンピューティング能力を急きょ拡大する必要に迫られていた。

オラクルのクレイ・マグアーク執行役員副社長(エンジニアリング・クラウドインフラ担当)はBusiness Insiderの取材にこう語った。

「ズームから手を貸してほしいと連絡がありました。われわれオラクルも『おお、素晴らしい!一緒に仕事ができるなんて』と応じ、その日にもズーム向けアプリケーションを立ち上げたわけです」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み