グーグル持株会社アルファベット四半期決算「3月に広告収入が急減」

グーグルとその親会社アルファベットのCEO、スンダー・ピチャイ

グーグルとその親会社アルファベットのCEO、スンダー・ピチャイ。

REUTERS/Brandon Wade/File Photo

検索エンジン最大手グーグルの持株会社・米Alphabet(アルファベット)は4月28日(現地時間)、2020年第1四半期決算を発表。売上高411億5900万ドル(約4兆3879億円、前年同期比13%増)、営業利益79億7700万ドル(約8504億円、同19%増)、純利益68億3600万ドル(約7288億円)だった。増収率は低迷しており、新型コロナウイルスの影響で3月に広告収入が激減したことが背景にある。

出典:Alphabet2020年第1四半期決算資料より抜粋

出典:Alphabet2020年第1四半期決算資料より抜粋

第1四半期の売上高の増加率は、2018年から2020年にかけて前年同期比26%増→17%→13%で推移している。

スンダー・ピチャイ氏(アルファベットおよびグーグルCEO)は投資家向けの電話会議のなかで、全世界的な新型コロナウイルスにの広告収入への影響について「四半期の最初の2カ月間(1〜2月)は好調な業績だったが、3月に広告収入が大幅かつ急激に減速した」とコメント。

これらの市況への影響が明らかになったため、いくつかの広告の立ち上げを遅らせたことを明かした。

一方、ユーザーのインサイトとして、

  • Androidのアプリダウンロードは2月から3月にかけて30%増加
  • 教育機関で使われる「Google Classroom」については4月20日週に、社内のマイルストーン(期間目標指標)を超え、1日あたりおよそ300万ユーザーの増加が続いている
  • ビデオ会議サービス「Google Meets」は毎日1億人以上が会議に使っている
  • アメリカでは新型コロナウイルス関連の検索活動(search activity)が、スーパーボールのピーク時の4倍に達する

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み