税控除の拡大と上位1%への増税が必要…"投資の神様"ウォーレン・バフェット氏が格差是正へ提言

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット

REUTERS/Rick Wilking/File Photo

  • ヤフー・ファイナンスのインタビューで、ウォーレン・バフェット氏は、アメリカの格差を埋めるには、勤労者への税額控除の拡大と所得上位1%の人々への増税が必要だと考えていると語った。
  • バフェット氏は、不平等の拡大は資本主義のせいで、億万長者は国の富を蓄えるための「悪魔的な策略」を持っていないと述べた。
  • 730億ドルを超える資産があるにもかかわらず、バフェットは1950年代に購入した質素な家に住んでおり、毎朝マクドナルドで朝食をとり、今年の初めまで折りたたみ式携帯電話を使用していた。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏は、自分が経営するバークシャー・ハサウェイの投資先を選ぶ才覚で、何十億ドルもの利益を得たが、彼は必ずしも自分が富を得たのは公平だとは思っていない。

この億万長者の投資家はアメリカの資本主義経済を支持しているが、ヤフー・ファイナンスに対して、現在のシステムでは、特定の技能を持つ人々が、他のすべての人から資産を奪い取るように巨額の富を不当に蓄えることができると語っている。経済学者たちはこれに同意していて、この国の富の格差がこのまま増大すると2028年までに1兆5000億ドルの損失が出ると予測している。バフェット氏は、この状況が「階級戦争」であり、「私の階級が勝利している」と長年言い続けてきたとに語っている。

「悪魔の陰謀でもなんでもない」と、バフェット氏はインタビューで語っている。3月10日の記事で「それは多くの人が部屋に座って貧困層から抜け出す方法を考えているからではない。市場システムのせいだ。我々はこの市場システムが機能し続けることを望んでいますが、1人当たりGDPが6万ドルを超える社会で、取り残される人々が出ることは望んでいない」と述べている。

バフェット氏には貧富の差を埋めるためのアイデアが2つある。この億万長者は、この問題に対処するために上位1%(自分のような)への増税を提案したが、同じような億万長者や元大統領候補者が支持してきた富裕税の採用には至らなかった。バフェットはまた、勤労者、特に子育て中のアメリカ人の税負担を軽減する税控除を引き上げることが、富の格差を縮めるのに役立つ可能性があると示唆した。

「下位にいる人々は、国が得た利益の恩恵を受けていない」とバフェット氏はヤフー・ファイナンスに語った

「暮らし向きは20年前より悪くはない。iPhoneのようなもののおかげで、多少はましだ。それは非常に便利だ。基本的に誰もがインターネットの恩恵を受けている。でも極限の状態だ。どのようにして、すべての人に信じられないほどの利益をもたらすシステムを維持するのか」

バフェット氏はGEICOやフルーツ・オブ・ザ・ルームなどの子会社を持つ持ち株会社バークシャー・ハサウェイを経営し、737億ドル(約7兆9000億円)の資産を築いた。バフェット氏は、莫大な資産にもかかわらず比較的質素な生活を送っており、1950年代に購入した質素な家に住み、毎朝マクドナルドで朝食を食べ、今年初めまで折りたたみ式携帯電話を使っていたことで知られるという

「この国には、私のような人々、あるいはスポーツ界や芸能界のスターや能力の高い経営者が並外れてうまくやっていける一方で、誰も遅れを取らないようにする力がある」とバフェット氏は語っている

[原文:Warren Buffett: Billionaires don't have 'some diabolical plot' to hoard the country's wealth — but we still need to raise taxes on the 1% to avoid a class war

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み