【森本千賀子】副業は「収入アップ」だけじゃない。“第3の居場所”で得られる4つのメリット

森本千賀子

撮影:鈴木愛子

Business Insider Japan読者にも多い「30代」は、その後のキャリアを決定づける大切な時期。幸せなキャリアを歩むためには、転職にまつわる古い“常識”にとらわれず、刻々と変化する転職市場のトレンドをアップデートすることが大切です。

この連載では、3万人超の転職希望者と接点を持ってきた“カリスマ転職エージェント”森本千賀子さんに、ぜひ知っておきたいポイントを教えていただきます。

「第3の居場所」としての副業

ゴールデンウィークが明けたものの、コロナ禍の影響により、通常業務に戻るまでにはまだまだ時間がかかりそう……という方も多いのではないでしょうか。

今回の出来事を機に、「突然仕事を失うリスク」を痛感し、副業(複業)(※)を持つことを考えた方もいらっしゃるかもしれません。

※副業(複業):ここでは、本業を中心として空いた時間にする仕事を「副業」、複数の仕事を都度バランスを調整しながら併行して行うことを「複業」とします。

政府は数年前から「働き方改革」の一環として、副業・兼業・フリーランスなどの働き方を推奨。2018~2019年には、従業員の副業を解禁する企業も増えました。

私は転職エージェントとして、企業から人材紹介の依頼を受ける立場にありますが、以前は「正社員を採用したい」というニーズが大半だったのが、現在は「業務委託でもOK」とする企業が増えています。つまり、副業(複業)者を受け入れる門戸が広がっている、ということですね。

一方、近年は最新テクノロジーを活用した商品・サービスで勝負するスタートアップ企業も増えています。スタートアップでは正社員の雇用にコストをかけられないため、副業(複業)者のスポット的サポートを求めるケースも多数。これはNPOなどでも同様です。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み