巣ごもりGWに「エア海外旅行」してみた。Airbnb・Spotify・Netflixでここまでできる!?【韓国編】

韓国メイクアップ中の私

ゴールデンウィーク、オンラインを駆使してエア海外旅行してみた。

撮影:高城晃一

ゴールデンウィークが、ついに始まってしまった。

他のほとんどの人たちと同じように筆者も「ステイホーム週間」を送っている。ああ、本当なら今年もどこか海外に行っていたはずなのに……。仕方ないとはわかっていても、そんな考えが頭を離れない。

机の前でモンモンと頭を悩ませていた時にふと気づいた。実際に海外に行けないなら、オンラインを駆使して脳内で「海外に行ったことにする」のはどうだろう?

「企画として無理があるのでは?」という編集者からのツッコミが聞こえてきそうだが、背に腹は変えられない。ゴールデンウィークに、オンラインでも充実した「バーチャル(エア)海外旅行」はできるはず!

今回の「旅行先」は韓国に決めた。理由は単純で、巣ごもり期間中にNetflix(ネットフリックス)で見た韓国ドラマ「愛の不時着」にどハマりしてしまったからなのだが、韓国ならば日常にその国の要素を取り入れるのも簡単そう。ということで、早速レッツゴー!

午前中:Airbnb「オンライン韓国ビューティ体験」で自分みがき!

韓国メイクアップ中の私

旅行の楽しみといえば「爆買い」だが、去年「爆買い」したものを代用した。エア海外旅行はお財布にもやさしい。

撮影:高城晃一

まずは韓国といえばコスメでしょ!と、Airbnbのオンライン体験で見つけた「韓国式メイクアップ講座」を体験してみることに。受講料は1時間で1500円。

ニューヨークとサンフランシスコからもそれぞれ受講者が参加しており「そっちはどう?韓国はもうコロナは落ち着いてきたよ」などと会話を交わすのが少し新鮮だ。

主に習ったのはスキンケアとベースメイク。スキンケアは「水分が多いもの→少ないもの」の順番でつける(トナー、セラム、ローションなど名前がわかりづらくてもこの法則でOK)などと教わり、フムフムとメモを取る。

先生によると、今の韓国メイクはナチュラルな美しさがトレンドだそう。つまりどんな自分でもありのまま愛してあげよう、ということだろう(たとえコロナ自粛下で5キロ体重が増えてても)。うん、なんだか自信がついてきた(単純)。

ちなみにAirbnbの「オンライン体験」プログラムは、スペイン、アメリカ、イタリアなど、世界各国のホストが提供している「体験」を試すことができるので「エア海外旅行」勢にはオススメのツールだ。

お昼〜午後3時:K-POP&韓流ドラマで海外バイブスを高めよう

新村

音楽を聴きながら、過去の写真を眺めて思い出に浸るのもオススメだ。

撮影:西山里緒

次は音楽とドラマ。Spotifyでお気に入りのK-POPソングを入れたプレイリストを聴きながら、しばし作業(と言いながらYouTubeを見る)。面倒くさい人は「K-POPベスト」のようなプレイリストでも代用できるだろう。

プレイリストを聴きながら、ふと思い出す。そういえば人気K-POPグループ・BTSのワールドツアーもコロナのために無期限延期になってしまったんだった。楽しみにしてたのに……。

しんみりした気持ちになりながら、どハマりしていたNetflixの韓国ドラマ「愛の不時着」を見始める(4週目)。なんと配信から2カ月が経つのに「本日の総合ランキング」で1位(5月3日時点)という、王者の貫禄を見せつけている。

ここまでで移動距離はなんと半径2メートル以内。「普段やってる生活となにも変わらなくない?」というツッコミは聞こえないことにして、まだまだ「エア韓国旅行」続けます!

夕方:韓国式「タルゴナコーヒー」でコーヒーブレイク。

タルゴナコーヒー

インスタントコーヒーと砂糖と水をシャカシャカするだけでできるインスタ映えコーヒー「タルゴナコーヒー」。

撮影:西山里緒

この辺から「エア韓国旅行してまーす!」というインスタのストーリーズを見た友人から「(頭)大丈夫?」「疲れてない?」というメッセージが届き始める。

気にせずに、韓国発のインスタ映えコーヒー、タルゴナコーヒーを飲む。これ、韓国発の次のグルメトレンドとも言われているのだ。

誰も作ってくれないので、もちろんお手製。インスタントコーヒー・砂糖・水をシャカシャカと混ぜること30分(長っ)。混ぜてる間は暇なので、外務省のウェブサイトから世界のコロナウイルス状況をチェック。いつになったら海外旅行行けるのかなあ、とため息をつく。

夜:韓国焼肉でお腹を満たす!

韓国焼肉

夜ご飯は韓国風焼肉とユッケジャンクッパをチョイス。

撮影:西山里緒

いよいよ「エア韓国旅行」も大詰め。夜ごはんは本気を出して、韓国焼肉を楽しむことに。じゅうじゅうと焼きあがるホルモンを見つめながら、ここはソウルの中心街、涼しい風に当たりながらビールをグイッと飲んで、と妄想してみる。うう、やっぱり妄想には限界が……。

最後はソウルに住む友達とFacebookメッセンジャーの音声通話でお互いの近況報告をしながら、一日を終えた。

一日を韓国に行ったことにして過ごす「エア韓国旅行」。

途中から「私、何やってんだっけ?」と虚しさが押し寄せてきたことは正直、否めない。でも前代未聞の事態となってしまったゴールデンウィークにできることは「今の状況を最大限楽しむ」ことに尽きるだろう。

Airbnb、NetflixやSpotifyといったオンラインサービスと、ちょっとした「妄想」は、その楽しみの手助けになる。きっといつか本当に海外に行くことができる日を夢見て ── 。ほら、BTSも「離れてても 心と心は つながってるからね」って歌っているし。

(文・写真、西山里緒)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み