コロナ危機でも株価は上昇気流。テスラ従業員が語ったイーロン・マスクの強みと弱点

テスラ イーロン・マスク

テスラの看板、テスラそのものとも言えるイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。

Charles Sykes/Invision/AP, File

  • 電気自動車大手テスラの現役あるいは元従業員に、イーロン・マスクの最高経営責任者(CEO)としてのパフォーマンスをどう評価しているか、聞いてみた。
  • 取材に応じた7人は、マスクにはやる気を駆り立てられ、テスラを成功に導いた手腕を称賛したが、マネジメントの手法には多少問題もあると語った。

イーロン・マスクという経営者の評価はふたつに分かれる。スタートアップにとって厳しい(保守的で)悪名高い業界のなかでテスラをここまで成長させた手腕を評価する一方で、問題発言が多いことで批判を浴びてきた。

最近では、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するためのソーシャルディスタンシング(社会的距離戦略)をいますぐやめたほうがいいと発言し、物議をかもしている。

マスクと働いたことのある従業員たちは、彼についてさまざまな意見を口にする。マスクがいればテスラは成功すると評価する声もあれば、マネジメントのやり方が間違っていると批判する声もある。

現役あるいは元従業員、合計7人にマスクのCEOとしてのパフォーマンスを評価してもらった。報復措置を避けるため、いずれも匿名での発言となる。

メッセージの発信者としてはきわめて優秀

テスラ イーロン・マスク

James Glover / Reuters

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み