在宅勤務の保護者につかの間の休息を…遠隔ベビーシッターの需要が急増

仮想ベビーシッター

suriyachan/Shutterstock

  • ワシントン・ポストによると、最近のベビーシッターはFaceTimeやZoomを通して子どもの面倒を見るようになった。その間、子どもと同じ家にいる親たちにつかの間の休息を与えている。
  • フォーブスによると、このような仮想ベビーシッターの4月の需要は、3月の700パーセント増となった。
  • サービス料金は、45分間のビデオセッションで36ドル(約3800円)。仮想ベビーシッターはビデオ通話を通して子どもに本を読んだり、ヨガを教えたり、一緒に遊んだりする。

最近では子守りの方法もずいぶん変わってきているようだ。新型コロナウイルスが生活のあらゆる場面に影響を与えるようになり、ベビーシッター業界も変革期を迎えている。

ワシントン・ポストによると、ベビーシッターは子どもたちと対面できなくても、FaceTimeやZoom、その他のビデオ通話のツールを用いた最新の方法で、子どもたちを楽しませ、学ばせ、一緒に遊んでいる。

これまでのベビーシッターとは違い、デジタルツールを駆使して遠隔で対応する仮想ベビーシッターは、子どもたちを見守るというより、彼らが学び、遊ぶための手助けをする。そして最も重要な役割は親にちょっとした休息を与えることだ。

パンデミックの間、親は子どもとともに何週間も家の中に閉じ込められてきた。仮想ベビーシッターが子どもにヨガを教えたり、本を読んであげている間は、親は子どもの近くにいても、あるいは別の部屋にいても、仕事の電話に出たり、キッチンを片付けたり、ほっとひと息ついたりすることができると、ワシントンポストが報じた

「両親がどうしても参加しなくてはいけないZoom会議が同じ時間にある場合、仮想ベビーシッターが大きな助けになる」と、ベビーシッターのマッチングを行うシッターシティ(Sittercity)のエリザベス・ハーツ(Elizabeth Harz)CEOは、フォーブスに語った

「ビデオ通話のセッションは、宿題の手伝いやインタラクティブ(双方向型)ゲームの相手、あるいは単に子どもの様子を見てほしいときなど、対面よりも短い時間の利用ができる」

フォーブスによると、仮想ベビーシッターの4月の需要は、3月の700パーセント増となった。多数の企業が参入し、ビデオ通話での子どもとの関わり方について、ベビーシッターを訓練している。ポップシュガー(PopSugar)は、仮想ベビーシッターのサービスで最先端を行く企業として、Babysitting Company、Care.com、Minutes 4 Momsなどを挙げている。

ワシントンポストによると、これらのサービス料金は、45分間のビデオセッションで36ドル(約3800円)だ。

仮想ベビーシッターの人気は高まっているが、Babysitting Companyの設立者、レイチェル・チャーラプスキ(Rachel Charlupski)などの専門家は、過度に頼るのは控え、1回につき1時間以内に制限するよう勧めている。

「このようなサービスを提供するようになるとは、想像もしなかった」とチャーラプスキはワシントンポストに語った。

「ベビーシッターとは、ふれあいをベースとした仕事だから」

だが、パンデミックが日常となった状態では、子どもと仮想ベビーシッターが新しい友達になることで、生活のリズムに変化が生まれる。そして親は気持ちを新たに仕事に取り組み、自分自身のための時間を持つこともできるだろう。

[原文:Virtual babysitters are seeing a sharp increase in demand during the coronavirus outbreak, and they can reportedly make up to $48 per hour

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み