BI Daily Newsletter

ネットスケープの創業者らがスタートアップを設立して3000万ドルを調達。狙いは「パスワード地獄からの脱出」

ネットスケープ 創業者

ネットスケープの共同創業者ジム・クラーク(左)と、エキサイト・アットホームの会長兼CEOを務めたトム・ジャーモルク。ふたりの「罪滅ぼし」とは。

Beyond Identity

  • ネットスケープの共同創業者ジム・クラークと、エキサイト・アットホームの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたトム・ジャーモルクが、スタートアップ「ビヨンド・アイデンティティ」を立ち上げ、シリーズAラウンドの3000万ドル(約32億4000万円)を調達した。
  • 25年前、多様なシステムとともにパスワードを定着させるのに貢献したふたりだが、新たな取り組みは「パスワード地獄」とも言える現在を生み出したことへの罪滅ぼしだという。
  • 同社のアプローチは、ふだん通りにパソコンやスマートフォンにアクセスするだけで、ソフトウェアがオンラインで本人認証してくれるというもの。
  • これまでいくつもの企業がパスワードを不要にする手法を模索してきたが、利便性と安全性の面で実現に至っていない。

ジム・クラークとトム・ジャーモルクは25年前、マーク・アンドリーセンらとともに、先駆的なウェブブラウザを世に送り出したネットスケープ・コミュニケーションズを立ち上げた。

おかげで世界はオンラインでつながり、信頼できるウェブサイトにだけ接続されるようになった。いまではブラウザのアドレスバーの左端にある小さな錠前のアイコンを見れば、現在の接続が安全であることがひと目でわかる。

クラークとジャモルクはそれと同じようなユーザーセキュリティ、すなわちどこにいてもオンラインで本人認証できるシステムの開発に取り組むこともできたかもしれないが、そうしなかった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み