最新の画像解析でわかった木星の大気の様子…大赤斑には穴が空いている

2019年5月29日、ジェミニ天文台によって赤外線で観測された木星。

2019年5月29日、ジェミニ天文台によって赤外線で観測された木星の画像。

International Gemini Observatory/NOIRLab/NSF/AURA M.H. Wong (UC Berkeley) and team; Acknowledgments: Mahdi Zamani

  • 新しく得られた木星の画像は、その大赤斑に穴があることを示している。
  • 赤外線による画像では、高さ40マイルの積乱雲の周りに雷が発生していることもわかった。
  • 天文学者たちは、ハッブル宇宙望遠鏡、木星を周回する探査機ジュノー、そして地球上のジェミニ天文台を駆使して画像を収集した。

木星の新たな赤外線画像は、その荒天の様子を明らかにしている。

NASAとカリフォルニア大学(UC)バークレー校の研究チームは、ハッブル宇宙望遠鏡と、木星を周回する探査機ジュノー、地球上のジェミニ天文台のデータを組み合わせて、これまでにない鮮明な画像を作成した。研究チームはこの画像を、学術雑誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載された研究論文と併せて公開した。

今回の画像では、新たに木星の稲妻を捉えたほか、大赤斑の暗い部分が穴であり、別の種類の雲ではないことが明らかになった。

これらの大赤斑の画像は、2018年4月1日に、ハッブル宇宙望遠鏡とジェミニ天文台のデータを使用して作成された。

これらの大赤斑の画像は、2018年4月1日のハッブル宇宙望遠鏡とジェミニ天文台のデータを使用して作成された。

NASA, ESA, and M.H. Wong (UC Berkeley) and team

「それはジャック・オ・ランタンのようなものだ」と、UCバークレーの惑星科学者、マイケル・ウォン(Michael Wong)はプレスリリースで大赤斑について述べている。

「雲のないところは明るい赤外線が見えるが、雲があるところでは暗くなっている」

複数の望遠鏡や宇宙船のデータを使って研究することで、科学者たちは、木星の大気と、それがどのように形成されたのかの謎を解明することができる。

「我々は今、日常的にいくつかの異なる観測所や違う波長による高解像度の画像を得られるので、木星の天候について非常に多くのことを学べている」と、NASAの惑星科学者、エイミー・サイモン(Amy Simon)はリリースの中で述べている。

「これは地球の気象衛星に相当するものだ。最終的には木星の天候のサイクルがわかるようになるだろう」

地球からの画像は、宇宙からの眺めに匹敵する

この動画は2019年4月8日に撮影された。

2019年4月8日に撮影された「ラッキー・イメージング」で作成された画像。

International Gemini Observatory/NOIRLab/NSF/AURA, M.H. Wong (UC Berkeley) and team; Acknowledgments: Mahdi Zamani.

これらの赤外線画像を作成するために、研究者たちは「ラッキー・イメージング」と呼ばれる手法を用いた。これは、地上望遠鏡で同じ場所の短時間露光画像を多数撮影し、その中から最もシャープな画像(一般的には地球の大気が最も干渉していない画像)を選び出すというものだ。

木星の各領域の「ラッキー」な画像をつなぎ合わせることで、これまでにない惑星全体のポートレートを作成した。「これらの画像は宇宙からのものと同等のクオリティだ」とウォンは付け加えた。

木星の荒れ狂う天候を観測する

探査機ジュノーは木星を周回するとき、木星大気の奥深くの落雷による電波を検知する。研究者たちは、ジェミニ望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡による画像と落雷の座標を突き合わせた。

彼らは、木星大気の奥深くにある水雲の上の、熱交換のために対流する高さ40マイル(6400メートル)の雲の周りで雷が発生していることを発見した。

木星大気中の雷、対流による高い雲、深層にある水雲、晴れ間のイラスト。

木星大気中の雷、対流による高い雲、深層にある水雲、晴れ間のイラスト。

NASA, ESA, M.H. Wong (UC Berkeley), and A. James and M.W. Carruthers (STScI)

「科学者は、対流の目印である雷を追跡する。これは、木星内部の熱を目に見える雲の頂上まで運ぶプロセスだ」とウォンはリリースで述べている。

「継続的な雷の研究は、木星大気の対流が地球とどのように異なるか、あるいは類似しているかを理解するのに役立つだろう」

[原文:Astronomers just stitched together an unprecedented portrait of Jupiter in infrared — and realized its Great Red Spot is full of holes

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み