BI Daily Newsletter

過去最高益のソフトバンク決算、2020年度はコロナ禍でも5G促進・EC強化・ヤフーLINE統合で成長見通し

ソフトバンク決算

ソフトバンクは2019年度通期決算を発表。堅調な成長ぶりをアピールするとともに、新型コロナウイルスの影響下でも「固くキチッと増収増益したい」と宮内謙社長は語った。

出典:ソフトバンク

ソフトバンクは5月11日、2019年度通期決算を発表した。売上高は4兆8612億円(前年度比4.4%増)、営業利益は9117億円(同11.4%増)、純利益は4731億円(同2.3%増)と、同社史上最高益を記録している。

同日にウェブで開催された決算説明会で同社の宮内謙社長は「全事業増収」と、主力である個人向け通信サービス以外にもヤフー事業や法人向けサービス、その他などすべての面で好調であるとアピールしている。

2019年度通期決算

2019年度通期決算の概要。

出典:ソフトバンク

その中でも顕著な伸びを見せているのは「ヤフー」および「流通・その他」事業。ヤフー(Zホールディングス)については既報の通り初の売上高1兆円を突破。

流通・その他事業においては、決済代行事業を行うSBペイメントサービスが前年同期比60%増となる営業利益約69億円を達成。2019年度の決済取扱高が約3.5兆円にのぼるなど、日本のキャッシュレス促進のブームの中で着実に利益を上げている。

コロナの影響は通信には軽微、広告事業の見通しは不透明

2020年度業績予想

2020年度の業績予想。

出典:ソフトバンク

決算内容を踏まえて、宮内社長は2020年度の経営方針および業績予想を発表。売上高は4兆9000億円、営業利益は9200億円とそれぞれ2019年度対比で1%増、純利益は4850億円と3%増と2019年度の成長に比べるとやや抑え気味の目標を掲げている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み